Armadillo-IoTシリーズをアドホックモードで無線通信させる

Aramdillo-IoTシリーズでWLANモジュールを使用して通信する場合、
Armadilloからアクセスポイントに対して接続するか、
もしくはArmadillo自身をアクセスポイントとして利用されることが多いため、
マニュアルでもその2パターンについてご紹介していますが、
ArmadilloのWLANモジュールは他の機器と1対1で通信するアドホックモードで動作させることも可能です。
この記事では、その具体的な手順についてご紹介します。

nmcliを使用して無線LAN接続のコネクションの設定を変更することでアドホックモードでの通信が可能となります。
以下では、そのコマンド例をご紹介します。
*[connectionname][ssid][passphrase]と記載している部分は、設定したい値を入力して下さい。

コネクション作成

無線LANコネクションを作成します。SSIDもここで指定します。

nmcli connection add con-name [connectionname] ifname wlan0 type wifi ssid [ssid]

コネクション設定

802-11-wireless.modeをadhocに設定することで、WLANモジュールがアドホックモードで動作するようになります。
また、セキュリティについても設定しておく必要があります。

nmcli connection modify [connectionname] 802-11-wireless.mode adhoc 802-11-wireless-security.key-mgmt none 802-11-wireless-security.wep-key0 [passphrase]

コネクション起動

作成したコネクションを起動します。

nmcli connection up [connectionname]

これで、他の機器からは[ssid]で設定した名称のアクセスポイントとして表示されます。
[passphrase]で設定したパスワードを使用して接続することが出来ます。

製品: 
Armadillo-IoT G3
Armadillo-IoT G3L
Armadillo-X1