at_yuma.arakawaさんのブログ

Armadillo-IoT G3/G3L,X1: x1-debian-builder: スクリプト動作の概説

Armadillo-IoT G3/G3L、あるいはArmadillo-X1では、x1-debian-builderというツールを使用してルートファイルシステムアーカイブを作成します。

この記事では、その主たる処理を行うbuild.shの動きについて、簡単に概要を説明いたします。

TIPS: x1-debian-builder: ルートファイルシステムアーカイブ内のファイルの所有者変更の注意点

ルートファイルシステムアーカイブは.tar.gzのアーカイブなので、展開すればchownコマンドで所有者を変更できます。ただし、chownでの変更時に注意が必要な点があるため、この記事で説明します。

x1-debian-builder: ルートファイルシステムアーカイブ作成時のユーザー追加/変更方法

x1-debian-builderでルートファイルシステムアーカイブを作成すると、一般ユーザーとして"atmark"ユーザーが作成されます。この記事では、ルートファイルシステムアーカイブ作成時のユーザーの追加/変更方法を紹介します。

TIPS: Armadillo-X1/IoT(G3/G3L): ルートファイルシステムアーカイブへのファイル追加/編集/削除

Armadillo-X1/IoT(G3/G3L)では、ユーザーランドとしてDebian GNU/Linux 8(jessie)のルートファイルシステムアーカイブのみを公開しています。このアーカイブの作成やカスタマイズには、x1-debian-builderというツールを公開しています。

ただし、x1-debian-builderは完了までに少なくとも30分程かかります。本記事では、ちょっとした変更などで、アーカイブを直接変更する手順を紹介します。

x1-debian-builder: apt-getでインストールされる設定ファイルの変更方法について

x1-debian-builderを使用してルートファイルシステムアーカイブを作成する際、apt-getでインストールするパッケージは、
x1-debian-builder-[VERSION]/[製品名]_resources/resources/packages
にパッケージ名を追加します。

パッケージに設定ファイルが含まれる場合、この設定ファイルがルートファイルシステムアーカイブに組み込まれることになります。
しかし、ルートファイルシステムアーカイブには任意に変更した設定ファイルを含めたい場合があります。

そこで本記事では、lighttpdを例に、変更した設定ファイルを含むルートファイルシステムアーカイブの作成方法を紹介します。

overlayfsの無効化方法(U-Bootの環境変数の確認・削除方法)

overlayfsの有効化方法は製品マニュアルに記載があります[1]が、無効化方法は記載されていません。
[
1] 22.2. ルートファイルシステムへの書き込みと電源断からの保護機能
有効化では、U-Bootの環境変数にoverlayfsを設定しているだけです。そこで、本記事ではU-Bootの環境変数の内容を確認し、削除する方法を紹介します。

ページ