at_yuma.arakawaさんのブログ

overlayfsの無効化方法(U-Bootの環境変数の確認・削除方法)

overlayfsの有効化方法は製品マニュアルに記載があります[1]が、無効化方法は記載されていません。
[
1] 22.2. ルートファイルシステムへの書き込みと電源断からの保護機能
有効化では、U-Bootの環境変数にoverlayfsを設定しているだけです。そこで、本記事ではU-Bootの環境変数の内容を確認し、削除する方法を紹介します。

tasksetコマンドでプロセスを実行するCPUコアを指定する

Armadillo-IoT G3/Armadillo-IoT G3L/Armadillo-X1ではi.MX7DというデュアルコアのCPUを搭載しています。通常、あるプロセスがどのCPUコアで実行されるかは、Linuxカーネルの判断次第なのですが、プロセスごとにアフィニティ(親和性)の設定を行うことで、どのコアで実行して欲しいかをLinuxカーネルへ指定することができます。

tasksetというコマンドでアフィニティの設定が行えます。本記事では、実行例と共に使用方法を紹介します。

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1: 簡易的なインストールディスクイメージの作成方法

インストールディスクの実態は、SDのブートディスクです。Armadilloの内臓ストレージ(eMMC及びQSPIフラシュメモリ)へ書き込むイメージファイルと、インストールスクリプトを含んでおり、SDブート時にインストールスクリプトが実行されるよう設定されています。

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1: Windows上でのインストールディスクの作成方法

Armadillo-G3/G3L/X1の内蔵ストレージの初期化を行うインストールディスクを作成する際、各製品マニュアルではATDE上で"dd"というコマンドでSDへのインストールディスクイメージの書き込みを行っています。 本記事では、"Win32 Disk Imager"というツールを使用して、Windows上でインストールディスクイメージの書き込みを行ってみます。

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1: 出荷時のイメージ書き込み方法のまとめ

Armadillo-G3/G3L/X1では、インストールディスク(SD/マイクロSD)を使用することで、内蔵ストレージ(eMMC及びQSPIフラッシュメモリ)内のイメージを一括で書き換えることができます。
本ブログでは、主に出荷時を想定し、インストールディスクイメージ(インストールディスクの元となるイメージファイル)を用いたインストールディスクの作成から、インストールディスクを用いたArmadilloへのイメージ書き込みまでの手順を紹介します。