at_itoさんのブログ

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: USBメモリを使用してeMMCのLinuxカーネル、ルートファイルシステムを更新する

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3Lでは、インストールディスクでLinuxカーネル、ルートファイルシステムを更新する仕組みがあります。インストールディスクを使用する方法では、SDカードを使用する必要がありますが、なんらかの理由によりSDカードを使用せずUSBメモリを使用したい場合があるかと思います。

そのため、ここではUSBメモリを使用して、eMMCのLinuxカーネル、ルートファイルシステムを更新する方法について紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: USBメモリにルートファイルシステムを構築する

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3Lでは、SDカードをルートファイルシステムとして構築できず、USBメモリに構築する必要がある場合があります。その際のUSBメモリにルートファイルシステムを構築する手順を紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: 複数のLinuxカーネルイメージを使い分ける方法

AradilloではLinuxカーネルのコンフィギュレーションを変更した場合など、Linuxカーネルのファイルを変更して動作させることがあるかと思います。その際にコンフィギュレーションに問題があり起動しなくなった場合等は、変更前のLinuxカーネルに戻したい場合等があるかと思います。

そういった複数のLinuxカーネルを使用したい場合に使える方法についてここで紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: DeviceTreeで指定されているドライバーの場所を調べる方法

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3LでDeviceTreeを作成する際に、各ドライバーのソースコードを確認する必要がある場合があります。本ブログでは、Microchip 製 AD コンバーター(MCP3202)の設定を例に、該当のドライバーの場所を調べる方法について紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: ATDE環境でArmadilloで動作するアプリケーションを作成する

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3Lでは、アプリケーション開発環境がArmadillo上で開発することが想定されており、ATDE環境でクロス開発する場合には、各種クロスライブラリのインストール等必要なため大変です。

そのため、ATDE環境でArmadilloのルートファイルシステムを動作させ、そこでアプリケーション開発する方法について紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: 動作時に変更されるファイルの確認方法

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3Lでは、量産時には突然の電源断対策にOverlayFSを有効化し、ファイル変更などをeMMCに書込みせずRAMに保存するような仕組みになっています。その際には、動作ログ等でファイルサイズが増え続けるとRAMの容量を圧迫してしまうため、長期連続動作をする場合は、ファイルサイズを抑制するよう構成することが必要です。

ここではログファイルの増加を抑制する前に、まずは動作時にどのようなファイルが変更されているかの確認方法について紹介します。

sshでログイン時に、ログアウトしても継続するコマンドを実行する方法

sshを使用してログイン後、バックグラウンドでコマンドを実行し、ログアウトをすると実行したコマンドは終了してしまいます。ここではログアウト後も継続してバックグラウンドでコマンドを実行したい場合に使える方法について紹介します。

node-eye: リモートから任意のコマンドを追加する

node-eye(SACM)でシステムを監視している際に、標準では対応していない一部ファイルの更新や、設定の変更など、各システムに合わせてリモートからの指示をカスタマイズしたい場合があるかと思います。

そのような場合は、任意コマンドを実行できるよう設定を行うことで対応可能です。 ここでは任意コマンドの実行できるようにする追加設定の方法を紹介します。

ページ