at_itoさんのブログ

ATDE6: node-eyeパッケージを間違ってインストールした場合の削除の仕方

2017/12/4時点でATDE6で「apt-get install node-eye」を実行するとATDEにnode-eyeパッケージがインストールされてしまいます。その後「apt-get purge node-eye」を実行した際にエラーが発生し、削除できないという現象が発生します。

そのため、ここでは間違ってATDE6でnode-eyeパッケージをインストールしてしまった時の削除方法を紹介します。

node-eye: armsdの再起動の方法

node-eyeを使用する際には、Armadilloでarmsdというデーモンが動作します。node-eyeの設定時になかなか接続が完了しない時などの動作確認のためにarmsdを再起動をしたい場合があるかと思います。

そういった時のためにここではarmsdの再起動を行う方法を紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: 直接アクセスできないArmadilloにSSHで接続する方法

ArmadilloをグローバルIPアドレスが割り振られない3G/LTE通信で通信を行う構成で、外部からSSHを使用してメンテナンス等を行いたい場合があるかと思います。

ここでは「Reverse SSH Tunnneling」の機能を使って、直接アクセスできないArmadilloに対してSSH接続を行う方法を紹介します。

node-eye: ArmadilloからFTPサーバーにファイルをアップロードする方法

node-eyeを使用時に、ログファイル等のサイズの大きなファイルをリモートで見たい場合があるかと思います。node-eyeでは任意コマンドの仕組みを使用して、指定したファイルをFTPサーバーにアップロードすることができます。

ここでは、node-eyeの任意コマンドの仕組みを使って、ArmadilloのファイルをFTPサーバーにアップロードする方法を紹介します。

node-eye: Armadilloの特定パッケージのみアップデートする方法

node-eyeを使用時に、アプリケーションの更新等で、特定パッケージのみアップデートしたい場合があるかと思います。node-eyeでは任意コマンドの仕組みを使用して、特定パッケージのアップデートのみ実行することができます。

ここでは、node-eyeの任意コマンドの仕組みを使って、Armadilloにインストールされている特定パッケージのアップデートを行う方法を紹介します。

node-eye: Webサーバーを使用して指定したファイルをArmadilloにダウンロードする方法

node-eyeを使用している際に、一部ファイルだけの更新をしたい場合などがあると思います。その際には、node-eyeの任意コマンドを使用して、外部のWebサーバーからファイルをArmadilloにダウンロードすることが可能です。

ここでは、node-eyeから指定したファイルを、Armadilloにダウンロードする方法を紹介します。

Armadillo-X1/IoT G3/G3L: overlayfsを有効化した状態でDebianパッケージをインストール、アップデートする方法

Armadilloには電源断対策のためのoverlayfsの機能があり、有効化するとファイルの変更がRAM上に保存されるようになります。その状態でDebianパッケージをインストール、またはアップデートした場合にRAM上に保存されるため、再起動すると元に戻ってしまい稼働中のシステムのアップデート等ができません。

そのため、ここではoverlayfsを有効化した状態で、DebianパッケージをeMMCにインストールする方法について紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: USBメモリで複数の機器に効率よく特定のLinuxカーネル、ルートファイルシステムを書きこむ方法

Armadilloを使用して複数台の製品を作る際には、各基板に対してソフトウェアを書きこむ必要があります。その際に書込み作業が発生するため、台数が多いと作業に時間がかかってしまう問題が発生します。

その問題をなるべく解消するために、USBメモリを使用してなるべく簡単にソフトウェアを書きこむための方法を紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: USBメモリを使用してeMMCのLinuxカーネル、ルートファイルシステムを更新する

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3Lでは、インストールディスクでLinuxカーネル、ルートファイルシステムを更新する仕組みがあります。インストールディスクを使用する方法では、SDカードを使用する必要がありますが、なんらかの理由によりSDカードを使用せずUSBメモリを使用したい場合があるかと思います。

そのため、ここではUSBメモリを使用して、eMMCのLinuxカーネル、ルートファイルシステムを更新する方法について紹介します。

ページ