Armadillo-IoT G3: atmarkユーザーでsudoコマンドを実行できるようにする

2016/7/1時点での標準のユーザーランドでは、atmarkユーザーでsudoコマンドが実行できないようになっています。そのため、ここではatmarkユーザーでsudoコマンドが使えるように設定する方法を紹介します。

sudoコマンドの実行権限はrootユーザーでvisudoコマンドを実行することで、確認、変更できます。設定は以下の通りです。

#
# This file MUST be edited with the 'visudo' command as root.
#
# Please consider adding local content in /etc/sudoers.d/ instead of
# directly modifying this file.
#
# See the man page for details on how to write a sudoers file.
#
Defaults        env_reset
Defaults        mail_badpass
Defaults        secure_path="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/
sbin:/bin"
 
# Host alias specification
 
# User alias specification
 
# Cmnd alias specification
 
# User privilege specification
root    ALL=(ALL:ALL) ALL
 
# Allow members of group sudo to execute any command
%sudo   ALL=(ALL:ALL) ALL
 
# See sudoers(5) for more information on "#include" directives:
 
#includedir /etc/sudoers.d

上記設定ファイルを確認すると「%sudo ALL=(ALL:ALL) ALL」と設定されている箇所がありますので、sudoグループに所属しているユーザーであればsudoコマンドが実行できるような設定があります。

そのため、以下のコマンドを実行し、ルートユーザーでatmarkユーザーをsudoグループに追加することでsudoコマンドを実行できるようになります。

[atde ~]# usermod -aG sudo atmark

上記コマンドを実行後、atmarkユーザーでログインするとsudoコマンドが使用できます。

製品: 
Armadillo-X1
Armadillo-IoT G3L
Armadillo-IoT G3