このエントリーをはてなブックマークに追加

node-eye: Armadillo上でネットワーク接続状況を確認する方法

node-eyeは「node-eye: ネットワーク接続シーケンスの参考情報」で紹介した通りネットワークが一度接続された後に、切断、再接続というネットワーク接続シーケンスを取ります。

そのため、最後の再接続が完了されたかどうかを確認したい場合があるかと思います。 ここではその実現方法例を紹介します。

1. node-eyeが作成するconnection

node-eyeはNetworkManagerのconnectionを自動で作成します。 そのため、まずはnode-eyeが作成するconnectionを以下に記載します。

connection名 説明
armsd_line_connection Armadillo起動後、最初にnode-eyeに接続するために使用するconnectionです。
line.confで設定されます。
armsd_connection_*[*1] SACMのネットワークコンフィグによって設定されたネットワーク接続のために使用するconnectionです。
SACM上のコンフィグで設定されます。
  • [*1]: 設定されたネットワークによって、wwan(3G/LTE時)や、eth0(有線LAN時)が入ります。

2. connectionの状態を確認する

上記情報から、node-eye(SACM)で設定したネットワークコンフィグで立ち上がった場合、NetworkManagerにはarmsd_connection_*というconnectionが作成されます。

このコネクションの状態を見て、接続状態になっているかどうかを確認することで正しくネットワークに接続されているかどうかを確認することができます。

connectionの確認は「nmcli device」コマンドを実行します。 以下に、実行例を記載します。

[armadillo ~]# nmcli device
root@armadillo:~# nmcli device
DEVICE    TYPE      STATE                                  CONNECTION
ttyACM0   gsm       connected                             armsd_connection_wwan

上記のコマンド結果から、STATEがconnectedとなっていれば接続状態が確認できます。

製品: 

  • Armadillo-X1
  • Armadillo-IoT G3L
  • Armadillo-IoT G3