TeraTermのデフォルト設定を変更する方法

ArmadilloにTeraTermで接続する場合には、標準の状態では毎回シリアルポートのボーレートを変更する必要があり面倒です。そのため、ここではデフォルトの設定を変更することでシリアルポートの設定を変更することなく、接続できるようにする方法を紹介します。

1. TeraTermのデフォルト設定

TeraTermのデフォルトの設定ファイルはTERATERM.INIというファイル名で保存されています。

TeraTerm起動時に使用されるTERATERM.INIは以下の通りです。

  • ログインユーザーの"My Documents"にTERATERM.INIがあればそれを使用する
  • "My Document"にTERATERM.INIがなければTeraTermをインストールしたディレクトリに存在するTERATERM.INIを使用する

2. TeraTermのデフォルト設定を変更する

TeraTermを起動し、シリアルポート等の設定を好みに合わせて変更します。

設定を変更し終わったら、メニューの「設定」-「設定の保存」をクリックし、"My Documents"にTERATERM.INIというファイル名で保存します。

上記の保存が終われば、次回起動時からは好みの設定で起動することができます。

製品: 
Armadillo-X1
Armadillo-IoT G3L
Armadillo-IoT G3
Armadillo-IoT G1/G2
Armadillo-Box WS1
Armadillo-EVA 1500
Armadillo-840m
Armadillo-840
Armadillo-810
Armadillo-800 EVA
Armadillo-640
Armadillo-460
Armadillo-440
Armadillo-420
Armadillo-410
タグ: 
TIPS
開発環境