このエントリーをはてなブックマークに追加

ATDE6:lighttpd(Webサーバー)を使えるようにする

Armadillo-X1/IoT(G3/G3L)の製品マニュアルには、ATDE6からのファイル転送として、SSHを使用する方法がありますが、
ここでは、ATDE6にlighttpd(Webサーバー)を使えるようにして、Armadillo-X1/IoT(G3/G3L)からファイルを取得する方法を説明します。

ATDE6で、下記のコマンドを実行して、lighttpdをインストールします。
atmark@atde6:~$ sudo apt-get update
atmark@atde6:~$ sudo apt-get upgrade
atmark@atde6:~$ sudo apt-get install lighttpd
インストール後、Webサーバーで公開されるディレクトリ"/var/www/html"が作成されます。 /var/www/html/ディレクトリにファイルを置いて、Armadillo-X1/IoT(G3/G3L)で、
root@armadillo:~# wget http://[ATDE6のIPアドレス]/[ファイル名]
を実行すると、ファイルを取得できます。

製品: 

  • Armadillo-X1
  • Armadillo-IoT G3L
  • Armadillo-IoT G3

タグ: 

  • 開発環境