このエントリーをはてなブックマークに追加

Armadillo-X1:USBカメラの画像をmjpg-streamerを使って、ネットワーク経由でPCのWebブラウザで見る方法

Armadillo-X1で、USBカメラの画像をmjpg-streamerを使って、ネットワーク経由でPCのWebブラウザで見る方法です。

Armadillo-X1をインターネット接続可能なネットワークに接続して起動します。

apt-getコマンドでupdateとupgradeを行います。
root@armadillo:~# apt-get update & apt-get upgrade
apt-getコマンドでlibjpeg-devをインストールします。
root@armadillo:~# apt-get install libjpeg-dev
apt-getコマンドでimagemagickをインストールします。
root@armadillo:~# apt-get install imagemagick
apt-getコマンドでsubversionをインストールします。
root@armadillo:~# apt-get install subversion
svnコマンドでリポジトリからmjpg-streamerのソースをチェックアウトします。
root@armadillo:~# svn co http://svn.code.sf.net/p/mjpg-streamer/code/mjpg-streamer mjpg-streamer
mjpg-streamerのソースをmakeします。
root@armadillo:~# cd mjpg-streamer
root@armadillo:~/mjpg-streamer# make
root@armadillo:~/mjpg-streamer# make install
参考)make install実行時のログ
install --mode=755 mjpg_streamer /usr/local/bin
install --mode=644 input_uvc.so output_file.so output_udp.so output_http.so input_testpicture.so input_file.so /usr/local/lib/
install --mode=755 -d /usr/local/www
install --mode=644 -D www/* /usr/local/www
以上で、mjpg_streamerのインストールは終了です。 以下は、Armadillo-X1にUSBカメラを接続して、デバイスファイルが"/dev/video0"の場合の実行例です。 実行例)下記のように実行します。
mjpg_streamer \
-i "/usr/local/lib/input_uvc.so --device /dev/video0 --yuv --resolution VGA --fps 30" \
-o "/usr/local/lib/output_http.so --www /usr/local/www"
mjpg_streamer実行後、PCのWebブラウザで、 http://[ArmadilloのIPアドレス]:8080 を指定すると、mjpg-streamerの画面が開くので、左帯のStreamを選択すると、動画として見えます。

製品: 

  • Armadillo-X1
  • Armadillo-IoT G3L
  • Armadillo-IoT G3

タグ: 

  • Armadillo-X1
  • 周辺デバイス