このエントリーをはてなブックマークに追加

Armadillo-800シリーズ:hermit-at-winでブートローダー書き換え

Armadillo-800シリーズで、hermit-at-winでブートローダー書き換える方法です。
Armadillo-810/840:Hermit-At Win32(フラッシュメモリ書換ツール(Windows用))でイメージ書き換えに、ブートローダーが動作する際のhermit-at-winでの書き換え方法がありますが、
ここでは、ブートローダーが動作しない際のhermit-at-winでの書き換え方法です。

以下では、Armadillo-840を使用した場合で表記してますが、Armadillo-810も同様です。

1.SDブートを行うためのブートディスク作成

Armadillo-840製品マニュアル 16.1. ブートディスクの作成 の手順に従い、SDブートディスクを作成します。

2.上記1のSDカードをArmadillo-840に挿入

3.起動モードの設定

SDブートおよび保守モードで起動するようにArmadillo-840のJP1、JP2をジャンパーでショートします。

4.hermit-at-winの起動

hermit-at-win起動を起動します。 左枠の"SerialPort"で、Armadillo-840に接続しているシリアルポートを選択。 Armadillo-840の電源ONにします。 以下、hermit-at-winでの操作になります。

5.hermit-at-winとArmadillo-840の接続の確認

Memmapボタンを押して、下枠にメモリマップが見えることを確認します。

6.ブートローダーの消去

Eraseボタンを押します。  Region:bootloader  ForceLocked:チェックを入れる 実行ボタンを押します。

7.ブートローダーの書き込み

Downloadボタンを押します。  Image:ブートローダーのファイルを指定  Region:bootloader  ForceLocked:チェックを入れる 実行ボタンを押します。 以上で、ブートローダーの書き換え完了です。

製品: 

  • Armadillo-840m
  • Armadillo-840
  • Armadillo-810

タグ: 

  • Armadillo-800
  • Hermit-At