このエントリーをはてなブックマークに追加

Armadillo-400シリーズ:ブートローダが起動しない状態からイメージを書き換える一連の手順

Armadillo-400シリーズで、ブートローダが起動しない状態からイメージを書き換える一連の手順をマニュアル(※)から抜粋して簡潔にしました。

※)Armadillo-400 シリーズソフトウェアマニュアル
6.4. tftpdl を使用してフラッシュメモリを書き換える
6.6. ブートローダーを出荷状態に戻す

準備

Windows用のブートローダ書き換えツール Hermit-At WIN32(Linux-2.6.26用:現時点の最新版v2.4.0) Hermit-At WIN32(Linux-3.14用:現時点の最新版v3.11.0) をPCにダウンロードして解凍しておきます。 備考1)Windows用のブートローダ書き換えツールは、今後アップデートがあった場合は、最新版を使用することを推奨します。 備考2)以下の説明では、例として、書き込むイメージファイル名を標準イメージ(Linux-2.6.26用)  ブートローダ:loader-armadillo4x0-v2.4.0.bin  カーネル:linux-a400-1.19.bin.gz  ユーザーランド:romfs-a440-1.13.img.gz で表記しています。

1.ブートローダの書き換え

Armadillo-440とPCのコンソール(シリアル)を接続します。 (TeraTerm等のシリアル通信ソフトは閉じておきます。) Armadillo-440のJP1をショートの状態(UARTブートモード)にします。

Hermit-At WIN32を起動します。 Serial Portの箇所は、使用しているCOMを指定ます。 Shoehornタグ  →Target:armadillo-4x0を選択  →実行 (小ウィンドウ(shoehorn)が開きます。) Armadillo-440の電源をON (小ウィンドウ(shoehorn)が閉じるまで待ちます。) Eraseタグ  →Region:bootloaderを選択  →ForceLocked:チェックを入れる  →実行 (小ウィンドウ(erase)が開いて、閉じるまで待ちます。) Downloadタグ  →Image:loader-armadillo4x0-v2.4.0.binファイルを選択  →Region:bootloaderを選択  →ForceLocked:チェックを入れる  →実行 (小ウィンドウ(download)が開いて、閉じるまで待ちます。) Hermit-At WIN32を終了します。 Armadillo-440の電源をOFFします。

2.カーネルとユーザーランドイメージの書き換え

Armadillo-440とPCをLANケーブルでネットワークに接続します。 ATDEで、/var/lib/tftpbootに、カーネルとユーザーランドイメージを置いておきます。 ATDEで、 sudo ifconfig を実行して、eth0のIPアドレスを確認しておきます。 (以下では、192.168.11.120の場合で説明します。) Armadillo-440のJP1をオープン、JP2をショートの状態(保守モード)にします。

シリアル通信ソフト(TeraTerm等)で、Armadillo-440に接続しているポートのコンソールを開きます。 Armadillo-440の電源をONします。 Armadillo-440のコンソールに
Hermit-At v2.4.0 (armadillo4x0) compiled at 07:42:06, Mar 30 2018
hermit>
のように、ブートローダーのプロンプトが表示されます。 (以下の説明では、Armadillo-440のコンソールで実行するコマンドを表記しています。) ブートローダの環境変数を初期化します。ブートデバイスをROMにします。
clearenv
setbootdevice flash
ATDEの/var/lib/tftpbootに置いたカーネル、ユーザーランドイメージをtftpdlコマンドで書き込みます。 ここでは例として、  ATDEのIPアドレス:192.168.11.120(上記の手順で、sudo ifconfigで確認した値) に対して、  Armadillo-440のIPアドレス:192.168.11.xx(xxの部分は、他の装置と重ならない値(ここでは、36)) の場合です。
tftpdl 192.168.11.36 192.168.11.120 --kernel=linux-a400-1.19.bin.gz
tftpdl 192.168.11.36 192.168.11.120 --userland=romfs-a440-1.13.img.gz
bootコマンドを実行して、起動します。
boot
起動したらログインして、
flatfsd -w
コマンドを実行して、config領域をdefaultに書き換えます。 Armadillo-440の電源をOFFにして、JP1、JP2をオープンの状態(オートブートモード)にします。 以上で、標準イメージへの書き換えは終了です。

製品: 

  • Armadillo-460
  • Armadillo-440
  • Armadillo-420
  • Armadillo-410

タグ: 

  • Armadillo-400
  • TIPS
  • Hermit-At