Armadillo-X1,Armadillo-IoT G3/G3L: ユーザーランドからArmadilloの種類を判別する方法

Armadillo-X1,Armadillo-IoT G3/G3L(以降Armadilloと記載)で、ユーザーランドからArmadilloの種類を判別する方法を紹介します。

1.Armadilloの種類を確認する方法

"/proc/device-tree/model"の内容を取得する事で、Armadilloの種類を確認する事ができます。Armadilloの種類によって、プログラムの挙動を変えたい場合などに用いると便利です。

2.コマンドで確認する方法

以下に、それぞれのArmadilloで"/proc/device-tree/model"の内容を取得した例を記します。

・Armadillo-X1の場合
atmark@armadillo:~$ cat /proc/device-tree/model
Atmark-Techno Armadillo-X1
・Armadillo-IoT G3の場合
atmark@armadillo:~$ cat /proc/device-tree/model
Atmark-Techno Armadillo-IoT Gateway G3 Board
・Armadillo-IoT G3Lの場合
atmark@armadillo:~$ cat /proc/device-tree/model
Atmark-Techno Armadillo-X1L Board
製品: 
Armadillo-X1
Armadillo-IoT G3L
Armadillo-IoT G3