Armadillo-810上でOpenCVのサンプルソースをビルドする

以下に公開しているHowToでは、OpenCVのサンプルコードをATDE5上でクロスビルドしています。
これだと、サンプルを直すたびに、Armadillo-810への転送が必要になるので面倒です。

[ Howto : Armadillo-810でOpenCVを用いた画像処理 ]
http://armadillo.atmark-techno.com/howto/armadillo-810-opencv

ここではArmadillo-810上にコンパイルに必要な環境と、OpenCVのライブラリをインストールして、
Armadillo-810上でビルドする方法をご紹介します。

1. SDカードにDebian環境を構築して、SDブートします

以下を参照してください。 http://manual.atmark-techno.com/armadillo-840/armadillo-840_product_manual_ja-1.1.0/ch15.html

2. USBホストポートに USB-LANアダプタをつなぎます

Armadillo-810をインターネット接続が可能なネットワークに参加させるため、拡張ボードのホストポートにUSB-LANアダプタを接続してください。 注意点としてはデフォルトで認識可能なUSB-LANアダプタのチップは[ASIX AX88xxx]です。 弊社では以下のアダプタでの動作実績があります。 プラネックス UE-100TX-G3 http://www.planex.co.jp/product/adapter/ue-100tx-g3/ 接続した後は、ifup eth0 などでインターフェースを有効にしてください。

3. パッケージのアップデートします

パッケージをインストールする際に、時刻がずれているとワーニングが出るので時刻合わせをします。
[Armadillo ~]# dpkg-reconfigure tzdata
[Armadillo ~]# date -s "YYYY/MM/DD hh:mm"
[Armadillo ~]# hwclock --systohc
インストール済パッケージのアップデートを行います。
[Armadillo ~]# apt-get update
[Armadillo ~]# apt-get upgrade

4. ビルドに必要なパッケージをインストールします

apt-getコマンドでビルドに必要なパッケージをダウンロード/インストールします
[Armadillo ~]# apt-get install build-essential
[Armadillo ~]# apt-get install libopencv-dev
[Armadillo ~]# apt-get install libv4l-dev
以上でビルドする環境が整いました。HowToで公開しているサンプルソースをArmadillo-810上に 展開してビルドすることが可能です。 ただしMakefileはATDE5上でビルドすることを想定していますので、CC/LDFLAGSなどは 明示的に設定してあげてください。
製品: 
Armadillo-810
タグ: 
Armadillo-800
プログラミング
Debian GNU/Linux