このエントリーをはてなブックマークに追加

Armadillo-IoT G3/G3L: 有線LANをデフォルトゲートウェイに設定しない方法

 Armadillo-IoT G3/G3Lでは、NetworkManagerを使ってネットワークの設定を行います。
3G/LTEと、有線LANを同時に使う際に、有線LAN側のGWをデフォルトゲートウェイとして設定されてしまうと、
外部ネットワークへの接続ができなくなることがあるので、その際の対処方法の一つとして、
有線LANをデフォルトゲートウェイに設定しない方法を試してみます。

有線LANのデフォルトゲートウェイ設定を無効にするには、以下のコマンドを叩きます。

root@armadillo:~#  nmcli con mod Wired\ connection\ 1 ipv4.never-default yes
念のため、設定が有効になっていることを確認します。
root@armadillo:~# nmcli con show  Wired\ connection\ 1 |grep default
ipv4.never-default:                     yes
ipv6.never-default:                     yes
あとは、Armadillo-IoT G3/G3Lを再起動するか、ネットワークマネージャを再起動することで、 設定が有効になります。

製品: 

  • Armadillo-IoT G3L
  • Armadillo-IoT G3

タグ: 

  • Armadillo-IoT G3/G3L
  • 3G/LTE