このエントリーをはてなブックマークに追加

Armadillo-IoT G3にzabbixをインストールしてみる

Armadillo-IoT G3に統合監視ソフトウェアであるzabbixサーバをインストールしてみました。

--------------------------------------------------------------------------------
1.  事前設定
--------------------------------------------------------------------------------

まずはG3を起動して有線LAN接続でインターネットに接続できる状態にします。

1.1 時刻合わせをしてパッケージのupdate/upgradeを実行します。

root@armadillo:~# date --set="2017/xx/xx xx:xx"
root@armadillo:~# apt-get update
root@armadillo:~# apt-get upgrade
1.2 標準でインストールされているWebサーバ(lighttpd)を削除します
root@armadillo:~# apt-get remove lighttpd
-------------------------------------------------------------------------------- 2. zabbixパッケージのインストール -------------------------------------------------------------------------------- 2.1 zabbixサーバのパッケージをインストールします。   途中でmysqlのrootユーザーパスワードを求められるので任意のパスワードを 入力します。本手順では[ root ] と入力しました。
root@armadillo:~# apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php
2.2 自分自身を監視することも考えて、zabbixエージェントもインストールしておきます。
root@armadillo:~# apt-get install zabbix-agent
2.3 phpからmysqlを操作するためのパッケージをインストールします。
root@armadillo:~# apt-get install php5-mysql
-------------------------------------------------------------------------------- 3. mysql上にデータベースを作成します -------------------------------------------------------------------------------- 3.1 パスワードを聞かれるので[ root ] と入力してから、コマンド入力します。   またには任意のパスワードを入力してください。本ブログでは[ password ] と入力しました。
root@armadillo:~# mysql -uroot -p
Enter password:            ★[ root ] と入力
 
mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '<PASSWORD>';
mysql> exit
3.2 各種ファイルを展開します。 パスワードを聞かれますので[ password ] と入力します。
root@armadillo:~# cd /usr/share/zabbix-server-mysql
root@armadillo:/usr/share/zabbix-server-mysql# zcat schema.sql.gz | mysql -v -uzabbix -p zabbix
root@armadillo:/usr/share/zabbix-server-mysql# zcat images.sql.gz | mysql -v -uzabbix -p zabbix
root@armadillo:/usr/share/zabbix-server-mysql# zcat data.sql.gz | mysql -v -uzabbix -p zabbix
-------------------------------------------------------------------------------- 4. zabbix/phpなどの設定ファイルを編集します -------------------------------------------------------------------------------- 4.1 zabbixの設定ファイルを編集します。   コメントアウトされている以下の2つの項目に値を設定します。
root@armadillo:~# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
 
DBHost=localhost
DBPassword=password
4.2 zabbixサーバを自動起動設定します。
root@armadillo:~# vi /etc/default/zabbix-server
 
START=yes  ★yesに変更
 
root@armadillo:~# update-rc.d zabbix-server enable
root@armadillo:~# service zabbix-server start
4.3 phpの設定ファイルを編集します。 以下の項目の値を変更します
root@armadillo:~# vi /etc/php5/apache2/php.ini
 
post_max_size = 16M
max_execution_time = 300
max_input_time = 300
date.timezone = Asia/Tokyo
4.4 フロントエンドのファイル一式を公開ディレクトリに配置し、Apacheを再起動します
root@armadillo:~# ln -s /usr/share/doc/zabbix-frontend-php/examples/apache.conf /etc/apache2/conf-available/zabbix.conf
root@armadillo:~# a2enconf zabbix
root@armadillo:~# service apache2 restart
-------------------------------------------------------------------------------- 5. ブザウザから初期設定 -------------------------------------------------------------------------------- 5.1. PCから以下のURLにアクセスします。 http://G3のIPアドレス/zabbix 5.2 手順3ではユーザー名とパスワードを設定します User : zabbix Password : password 5.3 手順4はデフォルトのままで問題ありません 5.4 手順6では設定ファイルの生成に失敗しますが、設定ファイルをダウンロードし、 内容をコピーして、G3で新規ファイルを作成し、そこにコピーします。
root@armadillo:~# vi /etc/zabbix/zabbix.conf.php
 
<?php
// Zabbix GUI configuration file
global $DB;
 
$DB['TYPE']     = 'MYSQL';
$DB['SERVER']   = 'localhost';
$DB['PORT']     = '0';
$DB['DATABASE'] = 'zabbix';
$DB['USER']     = 'zabbix';
$DB['PASSWORD'] = 'password';
 
// SCHEMA is relevant only for IBM_DB2 database
$DB['SCHEMA'] = '';
 
$ZBX_SERVER      = 'localhost';
$ZBX_SERVER_PORT = '10051';
$ZBX_SERVER_NAME = '';
 
$IMAGE_FORMAT_DEFAULT = IMAGE_FORMAT_PNG;
?>
5.5 [retry]を押すと[OK]になることを確認してください。 5.6 [Finish]でログイン画面に遷移しますので、Admin/zabbixで   ログインすることが可能になります。 以上

製品: 

  • Armadillo-IoT G3