このエントリーをはてなブックマークに追加

TIPS: Linuxのログファイルなどに任意の文字列を書き込む

syslogやdmesgなどのLinuxのログメッセージを監視して、特定のメッセージが出力された場合に、任意のアクションを実行するという
ケースがあるかと思います。このとき「特定のメッセージ」を手動で出力する方法を紹介します。

syslogの場合

/var/log/messagesなどのシスログが出力されるファイルに、特定のメッセージを出力する場合には、loggerコマンドが使えます。 以下のように logger の後ろに 任意の文字列を指定することで /var/log/messagesに出力されます。
logger "xxxx xxxx xxxx"

dmesgの場合

Linuxカーネルのログ用リングバッファの内容は、dmesg コマンドで確認できます。 このリングバッファに対して特定のメッセージを出力する場合は、以下のように直接デバイスファイルに書き込みを行います。
echo "xxx xxx xxx" > /dev/kmsg
以上

製品: 

  • Armadillo-IoT G1/G2
  • Armadillo-Box WS1
  • Armadillo-EVA 1500
  • Armadillo-840m
  • Armadillo-840
  • Armadillo-810
  • Armadillo-800 EVA
  • Armadillo-460
  • Armadillo-440
  • Armadillo-420
  • Armadillo-410

タグ: 

  • TIPS