このエントリーをはてなブックマークに追加

LTEデータ通信のスループット測定

Armadillo-IoTゲートウェイG3 M1-Dモデルで、LTEデータ通信のスループットを測定しました。

■ 測定環境

■ SIMカードの設定

Armadillo-IoTゲートウェイG3 M1-Dモデルには、Quectel製LTE/3G通信モジュールEC25-Jが搭載されています。SIMカードの取り付けやデータ通信のパラメータは、Armadillo G3マニュアルの「6.2. ネットワーク」、6.2.6. 3G/LTE を参考に設定しました。

■ speedtestのインストール

LTEデータ通信のスループット測定には、speedtest-cli を使用しました。speedtest-cliは、以下のコマンドでインストールできます。

root@armadillo:~# pip install speedtest-cli

■ 測定方法および測定結果

以下のコマンドを実行すると、スループット測定が始まり、上りと下りの測定結果が得られます。

root@armadillo:~# speedtest-cli  
Retrieving speedtest.net configuration...  
Testing from Bekkoame Internet (202.231.223.253)...  
Retrieving speedtest.net server list...  
Selecting best server based on ping...  
Hosted by OPEN Project (via 20G SINET) (Tokyo) [5.41 km]: 109.991 ms  
Testing download 
speed...............................................................................  
.Download: 11.43 Mbit/s  
Testing upload speed................................................................................................  
Upload: 8.82 Mbit/s

今回は以下の結果が得られました。

  • 下り: 11.43 Mbit/s
  • 上り: 8.82 Mbit/s

■ 参考

2台の環境間でのネットワークスループットを計測したい場合は、NPtcpやiperfが利用できます。
NPtcpを使用してネットワークのスループットを測る方法に関しては、NPtcpを使用して、ネットワークのスループットを測る方法 を参照してください。
また、iperfを使用してネットワークのスループットを測る方法に関しては、iperfを使用して、ネットワークのスループットを測る方法 を参照してください。

製品: 

  • Armadillo-IoT G3

タグ: 

  • Armadillo-IoT G3
  • 周辺デバイス
  • TIPS
  • 3G/LTE