ArmadilloでGo

Goはプログラミング言語の一つで、組込みLinuxでも使われています。 Goについては、https://golang.org/を参照してください。 ここでは、Armadillo-IoT G3にGo環境をインストールして、セルフ開発環境での簡単なプログラムの実行までをご紹介します。

1. Goのダウンロード

本ブログ執筆時では、ARM 32ビット版Goの最新バージョンは、1.10.4です。当該バージョンは、公式ダウンロードページ(https://golang.org/dl/ )から、以下のコマンドを実行してダウンロードします。

root@armadillo:~# wget https://dl.google.com/go/go1.10.4.linux-armv6l.tar.gz
root@armadillo:~# ls
go1.10.4.linux-armv6l.tar.gz
root@armadillo:~# 

2. 圧縮ファイルの解凍

ダウンロードしたファイルを、適当なディレクトリに解凍します。ここでは/usr/localディレクトリに解凍しています。

root@armadillo:~# tar -C /usr/local -xzf ~/go1.10.4.linux-armv6l.tar.gz
root@armadillo:~# ls -l /usr/local/go
total 184
-rw-r--r--  1 root root 47028 Aug 24 19:32 AUTHORS
-rw-r--r--  1 root root  1339 Aug 24 19:32 CONTRIBUTING.md
-rw-r--r--  1 root root 61940 Aug 24 19:32 CONTRIBUTORS
-rw-r--r--  1 root root  1479 Aug 24 19:32 LICENSE
-rw-r--r--  1 root root  1303 Aug 24 19:32 PATENTS
-rw-r--r--  1 root root  1555 Aug 24 19:32 README.md
-rw-r--r--  1 root root     8 Aug 24 19:32 VERSION
drwxr-xr-x  2 root root  4096 Aug 24 19:32 api
drwxr-xr-x  2 root root  4096 Aug 24 19:43 bin
drwxr-xr-x  8 root root  4096 Aug 24 19:32 doc
-rw-r--r--  1 root root  5686 Aug 24 19:32 favicon.ico
drwxr-xr-x  3 root root  4096 Aug 24 19:32 lib
drwxr-xr-x 14 root root  4096 Aug 24 19:43 misc
drwxr-xr-x  5 root root  4096 Aug 24 19:43 pkg
-rw-r--r--  1 root root    26 Aug 24 19:32 robots.txt
drwxr-xr-x 46 root root  4096 Aug 24 19:32 src
drwxr-xr-x 20 root root 12288 Aug 24 19:32 test
root@armadillo:~#

3. 環境設定

Goが実行できるように、設定ファイルにGo言語へのパスを設定します。ここでは、~/.bashrcにエディタで以下の記載を追加しました。

export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

設定ファイルの変更と保存が完了したら、以下のコマンドで変更を有効にします。

root@armadillo:~# source ~/.bashrc

4. インストールの確認

以下のコマンドを実行して、Goが正しくインストールされているか確認します。

root@armadillo:~# go version
go version go1.10.4 linux/arm
root@armadillo:~#

5. サンプルプログラムの作成と実行

適当なディレクトリに、サンプルプログラムを作成します。 ここでは、~/go/helloディレクトリに、以下のサンプルプログラムを作成しました。

package main
 
import "fmt"
 
func main() {
    fmt.Println("hello world")
}

Goはコンパイル言語ですので、Go buildコマンドを使ってサンプルソースをビルドします。

root@armadillo:~/go/hello# go build
root@armadillo:~/go/hello#

実行ファイルhelloが生成されます。これを実行すると、Armadilloのコンソールにhelloの文字列が表示されます。

root@armadillo:~/go/hello# ./hello
hello world
root@armadillo:~/go/hello#
製品: 
Armadillo-X1
Armadillo-IoT G3L
Armadillo-IoT G3
Armadillo-640
タグ: 
Armadillo-IoT G3
Armadillo-G3L
Armadillo-X1
Armadillo-640
開発環境