ATDE7: 日本語のディレクトリを英語に変更する方法

ATDE7のホームディレクトリには、「デスクトップ」や「ドキュメント」など、日本語のディレクトリが作成されています。

これら日本語のディレクトリ名は、簡単に英語表記に変えることができます。

日本語から英語に変更

ディレクトリ名を日本語から英語に変更するには、以下のコマンドを実行してください。

atmark@atde7:~$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

変更を確認するダイアログが表示されます。

このまま変更する場合は、「Update Names」をクリックします。

これでディレクトリ名が日本語から英語に変更されます。

英語から日本語に変更

ディレクトリ名を英語から日本語に戻す場合は、以下のコマンドを実行します。

atmark@atde7:~$ xdg-user-dirs-gtk-update

再びダイアログが表示されますので、「名前を変更する」をクリックします。

これでディレクトリ名が英語から日本語に戻ります。

変更した設定を保存

ATDEを再起動すると、ディレクトリ名は元の日本語に戻ります。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update実行後に表示されるダイアログ画面で、「Don't ask me this again」をチェックすると、 ATDE再起動後、直前に設定した言語でディレクトリ名が表示されます。

注意

「Don't ask me this again」をチェックを入れると、ダイアログが表示されなくなるため、ディレクトリ名の日本語<->英語の変更ができなくなります。

この場合は、以下のコマンドを実行すれば、再びダイアログが表示されるようになります。

atmark@atde7:~$ LANG=ja_JP.UTF-8 xdg-user-dirs-update --force
atmark@atde7:~$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update 
製品: 
Armadillo-X1
Armadillo-IoT G3L
Armadillo-IoT G3
Armadillo-640
タグ: 
開発環境
Armadillo-X1
Armadillo-IoT G3L/G3
Armadillo-640 TIPS