Armadillo-IoT G3L: Armadillo再起動によるLTE接続復帰方法

Armadillo-IoT G3LでLTE通信を行っていると、電波状態や基地局、キャリアのサーバーなどの状態によってLTE回線が切断することがあります。

切断されたLTE回線を復帰する機能として、Armadillo-IoT G3Lにはデフォルトで、7.2.6.8. LTE再接続サービスがあります。

LTE再接続サービスは、数分単位で回線の接続状態を確認し、切断を検知すると再接続を試みるように動作します。

ただし、再接続時の電波状態や基地局、キャリアのサーバーの状態により、必ずしも数分で接続できるとは限りません。

もし、数時間レベルで回線が再接続できない場合、運用上の支障をきたします。

この場合、Armadillo再起動による、LTE接続の復帰が有効な場合があります。

具体的には、connection-recoverに記述されているパラメータを変更します。

 ・ファイルの場所: /etc/connection-recover/
 ・ファイル名: gsm-ttyACM0_connection-recover.conf
 ・変更パラメータ: FORCE_REBOOT

変更前

#!/bin/bash
 
PRODUCT_NAME="Armadillo-X1L","Armadillo-IoT Gateway G3 D2 Board","Atmark-Techno
Armadillo-IoT Gateway G3 D2(AGX3031-E00Z) Board"
PING_DEST_IP=8.8.8.8
DEVICE=ttyACM0
TYPE=gsm
NETWORK_IF=usb1
FORCE_REBOOT=FALSE

変更後

#!/bin/bash
 
PRODUCT_NAME="Armadillo-X1L","Armadillo-IoT Gateway G3 D2 Board","Atmark-Techno
Armadillo-IoT Gateway G3 D2(AGX3031-E00Z) Board"
PING_DEST_IP=8.8.8.8
DEVICE=ttyACM0
TYPE=gsm
NETWORK_IF=usb1
FORCE_REBOOT=TRUE

FORCE_REBOOT=FALSEをFORCE_REBOOT=TRUEに変更します。

これにより、LTE再接続サービスからArmadilloの再起動が可能となります。

補足

接続状態の確認と、再接続、再起動の条件は、/usr/bin/connection-recoverdに記述されている以下のパラメータで設定できます。

 ・CHECK_INTERVAL_SEC: 接続状態(ping)の確認間隔
 ・FORCE_RECONNECT_PING_NG_COUNT: コネクション再接続間隔
 ・FORCE_REBOOT_PING_NG_COUNT: Armadillo再起動間隔

設定例

・CHECK_INTERVAL_SEC=120
・FORCE_RECONNECT_PING_NG_COUNT=2
・FORCE_REBOOT_PING_NG_COUNT=$(( $FORCE_RECONNECT_PING_NG_COUNT+2 ))

 ・接続状態(ping)の確認間隔を120秒に設定
 ・コネクション再接続間隔を120秒x2回に設定
 ・Armadillo再起動間隔を120秒x(2+2)回に設定

注意

上記設定を行うと、Armadilloは設定した間隔で再起動しますので、製品開発時にはご注意下さい。

製品: 
Armadillo-IoT G3L