ブログ

Armadillo-G3:node-eye利用時に接続確認用LED3をユーザーLEDとして使用する方法

Armadillo-IoT G3でnode-eyeを使用する場合、標準ではLED3はarmsdとSACMの接続状態の確認用ととして使用しています。
LED3を別の用途で使用したい場合や、必要がない場合の対処法をブログにしました。

Armadillo-640:TTLシリアルJPEGカメラで撮影した画像を保存する

Armadillo-640を使って、TTLシリアルJPEGカメラで写真を撮影をして保存してみました。

セルフ開発とクロス開発を組み合わせた効率よい開発の進め方

セルフ開発とクロス開発の使い分けおよび、どのようにそれぞれを組み合わせていくことで効率よく開発を進められるかについて紹介します。

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1/640:USBデバイスのデバイスファイルに別名を付ける

Linuxでは、認識したUSBデバイスに応じて、自動的にデバイスファイル名が付きます。
udevを使うと、USBデバイス(※1)を認識した際にデバイスファイルに別名を付けることができます。
ここでは、例として、USBシリアルを認識した際に、独自のデバイスファイル名を付ける(※2)ようにします。

※1)VenderID、ProductIDは予め確認しておく必要があります。
※2)自動的についたデバイスファイルに対して、シンボリックリンクを貼る方法になります。

Armadillo-X1:Bluetoothでシリアル通信

WLANコンボ搭載のArmadillo-X1で、Bluetoothでシリアル通信を確認しました。
ここでは、Bluetoothの対向機としてPCを使用しました。

Armadillo-X1: Linux-4.9使用時に拡張ボードを接続した状態でタッチパネル(singletouch)を使用する方法

Armadillo-X1とArmadillo-X1 評価用拡張ボードセット01を組み合わせて使用した場合、Linux-4.9上でXorgを立ち上げて使用するとタッチパネルが動作しません。ここでは、Armadillo-X1 + Linux-4.9 + Xorgの環境でタッチパネルを動作させるための手順を紹介します。

Armadillo-IoT G3:時系列データベースをWEBブラウザで可視化

ブログで紹介しました 「Armadillo-IoT G3:CPU使用率をInfluxDBに入れ、Grafanaで可視化してみました。」のデモ動画です。

Armadillo-IoT G3:CPU使用率をInfluxDBに入れ、Grafanaで可視化してみました。

以前のブログで構築した環境をもとに、Armadillo-IoT G3のCPU使用率をInfluxDBに入れ、Grafanaで可視化してみました。

Armadillo-IoT G3:ダッシュボードツール「Grafana」と時系列DB「InfluxDB」の環境を構築してみた。

Armadillo-IoT G3を使ってダッシュボードツール「Grafana」と、時系列データベース「InfluxDB」が利用できる環境の構築として、インストールから動作確認までの手順をまとめてみました。

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1/640:カスタマイズしたデバイスツリーをArmadillo上で簡易的に見分けられるようにする

カスタマイズしたデバイスツリーをArmadillo上で簡易的に見分けられるようにする方法です。
例えば、デバイスツリーに応じて、アプリケーションの設定などを選択するような用途に使用できます。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ