ブログ

Armadillo-IoT G3/G3L,X1: x1-debian-builder: スクリプト動作の概説

Armadillo-IoT G3/G3L、あるいはArmadillo-X1では、x1-debian-builderというツールを使用してルートファイルシステムアーカイブを作成します。

この記事では、その主たる処理を行うbuild.shの動きについて、簡単に概要を説明いたします。

Armadillo-IoT(G3/G3L): Pushbulletでスマートフォンへpush通知

インターネット経由でスマートフォンへPush通知を行うためのサービスとして"Pushbullet"というサービスがあります。

この記事では、Armadillo-IoT G3/G3Lで使用してみた際の手順をまとめます。

TIPS: x1-debian-builder: ルートファイルシステムアーカイブ内のファイルの所有者変更の注意点

ルートファイルシステムアーカイブは.tar.gzのアーカイブなので、展開すればchownコマンドで所有者を変更できます。ただし、chownでの変更時に注意が必要な点があるため、この記事で説明します。

x1-debian-builder: ルートファイルシステムアーカイブ作成時のユーザー追加/変更方法

x1-debian-builderでルートファイルシステムアーカイブを作成すると、一般ユーザーとして"atmark"ユーザーが作成されます。この記事では、ルートファイルシステムアーカイブ作成時のユーザーの追加/変更方法を紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: DeviceTreeで指定されているドライバーの場所を調べる方法

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3LでDeviceTreeを作成する際に、各ドライバーのソースコードを確認する必要がある場合があります。本ブログでは、Microchip 製 AD コンバーター(MCP3202)の設定を例に、該当のドライバーの場所を調べる方法について紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: ATDE環境でArmadilloで動作するアプリケーションを作成する

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3Lでは、アプリケーション開発環境がArmadillo上で開発することが想定されており、ATDE環境でクロス開発する場合には、各種クロスライブラリのインストール等必要なため大変です。

そのため、ATDE環境でArmadilloのルートファイルシステムを動作させ、そこでアプリケーション開発する方法について紹介します。

Armadillo-220と同等の機能をArmadillo-420で実現する

AArmadillo-220で利用可能な機能が、Armadillo-420では一部利用ができない または仕様が変わっている 部分があります。 今回はそのうちの一部をArmadillo-420でも利用できるように変更してみました。

Armadillo-X1:カメラの画像からQRコードを読む(zbarcam)

Armadillo-X1で、カメラの画像からQRコードを読む方法(zbarcam)です。カメラはUSBカメラを使用しました。 当方が確認したのは、Armadillo-X1ですが、Armadillo-IoT(G3/G3L)も同様の手順が使えるはずです。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ