ブログ

Armadillo-640:デバイスツリーで、GPIOのデフォルトを出力に設定する(その1)

Armadillo-640で、デバイスツリーで、GPIOのデフォルトを出力に設定する方法です。
備考)
この方法の場合、ユーザー領域で、GPIO出力のLow/Highの切り替えができません。
ユーザー領域からGPIO出力のLow/Highの切り替えを行う場合は、
Armadillo-640:デバイスツリーで、GPIOのデフォルトを出力に設定する(その2)
を参照ください。

Armadillo G3/G3L/X1/640: Python3.7を動かしてみた

Python3.7をインストールする方法をご紹介します。

Armadillo-IoT G3L: Armadillo再起動によるLTE接続復帰方法

LTE再接続サービスからArmadilloを再起動させることで、LTE接続を復帰させる方法を解説します。

Armadillo-640:OpenCVを使ってみる

Armadillo-640で、OpenCVを使った画像処理を試してみました。

Armadillo-640:OpenCVの画像処理結果をネットワーク経由で確認する

Armadillo-640:OpenCVを使ってみる
では、画像処理結果をbmpファイルに出力していましたが、
ここでは、Armadillo-640で、OpenCVの画像処理結果をネットワーク経由で確認できるようにしてみます。

ArmadilloでReactを使用してHello Worldを表示させてみる

ArmadilloのGUIはブラウザで実現することも可能になってきています。 昨今のWebアプリケーションでは、ページ遷移のないシングルページアプリケーション(SPA)への需要が増えてきているというトレンドがあります。

SPAを実現するライブラリとしてReactというものがあるようなので、 Armadillo上でReactを使ってHello Worldを試してみます。

ATDE7にanyenv+nodenvを使ってNode.jsをインストールしてみる

Node.js等のスクリプト言語では、実行するNode.jsのバージョンにより動作しなかったりということが起きうるため、各言語で用意されている*envコマンドにてバージョン管理を行うことが多いです。

ここでは、Armadilloでスクリプト開発を行う際に、使用する可能性のあるATDE7でanyenvとnodenvを使ってNode.js実行環境を構築してみます。

Armadillo-640でwxWidgetsを使ってグラフを描画する(Python編)

Armadillo-640に接続したLCD画面にwxPythonを使用してグラフを描画するデモアプリケーションを紹介します

ページ

Subscribe to RSS - ブログ