ブログ

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1/640:USBメモリ認識時に自動マウントする方法

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1/640で、USBメモリ認識時に自動マウントする方法です。
udevルールを定義することで自動マウントできます。

Socket.IOを使用して、サーバーからブラウザへデータを送信する

Webアプリケーションを作成していると、クライアントからのアクセスにレスポンスするだけでなく、クライアントからのリクエストがなくてもサーバーからデータを送りたい場合があるかと思います。

そのため、ここではSocket.IOを使ってサーバーからクライアントに5秒間隔でテキストを送るアプリケーションを作成してみます。

Armadillo-X1: Eletronを使ってJavaScript, HTML, CSSを使ったデスクトップアプリケーションを作ってみる

組み込みデバイスでのGUIアプリケーションを作るフレームワークはQt, GTK, wxWidgets等がありますが、いずれも新しく覚える内容が多い等の難点があります。

ここでは一般的に使用経験があると思われるJavaScript, HTML, CSSを使ってデスクトップアプリケーションを作れるElectronをArmadillo-X1で使用してみます。

Armadillo-640のUSB電源を制御する

Aramdillo-640のUSBインタフェース(CON5)の電源を制御する方法をご案内します

Armadillo-IoTシリーズをアドホックモードで無線通信させる

Armadillo-IoTゲートウェイG3・Armadillo-X1のWLANモジュールをアドホックモードで動作させてみました

Armadillo-440:cronで定期的にコマンドを実行する方法をまとめました。

Armadillo-440の実践開発ガイドでも紹介しているcronでの定期実行する方法について、説明のページが複数個所にわたっている為、手順をまとめました。

Windows10 1903で、VMware+ATDEが動くかどうか確認してみた。

VMWareのコミュニティでWindows10 1903にアップデート後、VMwareが動かないという現象が発生したという書き込みがあったので、Windows10 1903で、VMware+ATDEが動くかどうか確認してみました。 また、その対策として記載があった「Hyper-V」を有効化/無効化することによる変化の確認を行いました。(VirtualBoxをご利用の方もいらっしゃるかと思いますのでそちらも併せて確認しております。)

Reactを使ったデータビジュアライゼーション(本体表示版)

以前ブログで紹介した「Reactでグラフ、画像表示のサンプルアプリケーションを作成してみた」のデモ動画です。

Armadillo-IoTをアクセスポイントとして、他の機器とDHCPサーバをブリッジ接続する

Armadillo-IoTシリーズをアクセスポイントとして使用するとき、 ただWLANモジュールをAPモードで動作させただけでは、 3G/LTEやEthernetなどの他のネットワークデバイスとWLANモジュールは別セグメントのネットワークとなります。 WLANモジュールと他のネットワークデバイスをブリッジ接続して同一セグメントのネットワークに接続する方法を説明します。

DockerコンテナからUSBデバイスへのアクセス

Armadillo上で展開しているDockerコンテナ上のアプリケーションから、Armadilloに接続しているデバイスへアクセスする方法を説明します

ページ

Subscribe to RSS - ブログ