ブログ

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1: システムのログファイル(syslog等)のサイズの肥大化を防ぐ

Armadillo-IoT(G3/G3L)、Armadillo-X1は、ファイルをストレージに保存するため、 電源OFFにしても、syslog等のログファイルは残ります。 Armadilloを常時稼働していたり、 Armadilloの電源をOFFにすることはあっても、バッテリ電池でRTCの時刻を保持している場合は、 システムのログファイル(syslog等)は、.....

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1: Windows上でのインストールディスクの作成方法

Armadillo-G3/G3L/X1の内蔵ストレージの初期化を行うインストールディスクを作成する際、各製品マニュアルではATDE上で"dd"というコマンドでSDへのインストールディスクイメージの書き込みを行っています。 本記事では、"Win32 Disk Imager"というツールを使用して、Windows上でインストールディスクイメージの書き込みを行ってみます。

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1: 出荷時のイメージ書き込み方法のまとめ

Armadillo-G3/G3L/X1では、インストールディスク(SD/マイクロSD)を使用することで、内蔵ストレージ(eMMC及びQSPIフラッシュメモリ)内のイメージを一括で書き換えることができます。
本ブログでは、主に出荷時を想定し、インストールディスクイメージ(インストールディスクの元となるイメージファイル)を用いたインストールディスクの作成から、インストールディスクを用いたArmadilloへのイメージ書き込みまでの手順を紹介します。

Armadillo-X1: I2C接続の温度センサーを接続して温度を計測する

Armadillo-X1は100ピンのB2Bコネクタが搭載されており、拡張ボードで機能を拡張することが多い製品です。100ピンのB2Bコネクタの各ピンには複数の機能から使用する機能を選択して使用することができます(ピンマルチプレクス)。
今回はそのピンマルチプレクスの例として、Armadillo-X1にI2Cで温度センサーを接続してみます。

Armadillo-410: ソフトウェアからUSBの電源のON/OFFを行う(Linux 2.6.26系の場合)

USB機器を接続してシステムを構築する際に、連続動作を行うとまれに異常な状態が発生し、デバイスの再起動が必要になるケースがあります。 その際にUSB電源をON/OFFすることが解決策になりますので、その方法を紹介します。

CC2650STKのセンサーデータをNode.jsで取得する

node と npm はご存知の方も多いかと思いますが、インストール方法がいくつもあります。 ここでは筆者が一番手軽だと感じた apt で Node.js をインストールする方法を紹介します。ただし、apt でインストールできる node, npm のバージョンは.....

Armadillo-840: ユーザーランドをsquashfsにしてみた

Aramdillo-840で起動時間を短縮するためにユーザーランドをsquashfsにしてみました。 起動時にエラーが発生する等の問題が残っていますが、現時点の内容を本ブログで紹介します。
Armadillo-840の標準のユーザーランドでは起動時間が約30秒程度かかります。 そのうちNORフラッシュからRAMに展開するための時間がかなりを占めています。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ