ブログ

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: USBメモリを使用してeMMCのLinuxカーネル、ルートファイルシステムを更新する

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3Lでは、インストールディスクでLinuxカーネル、ルートファイルシステムを更新する仕組みがあります。インストールディスクを使用する方法では、SDカードを使用する必要がありますが、なんらかの理由によりSDカードを使用せずUSBメモリを使用したい場合があるかと思います。

そのため、ここではUSBメモリを使用して、eMMCのLinuxカーネル、ルートファイルシステムを更新する方法について紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: USBメモリにルートファイルシステムを構築する

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3Lでは、SDカードをルートファイルシステムとして構築できず、USBメモリに構築する必要がある場合があります。その際のUSBメモリにルートファイルシステムを構築する手順を紹介します。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: 複数のLinuxカーネルイメージを使い分ける方法

AradilloではLinuxカーネルのコンフィギュレーションを変更した場合など、Linuxカーネルのファイルを変更して動作させることがあるかと思います。その際にコンフィギュレーションに問題があり起動しなくなった場合等は、変更前のLinuxカーネルに戻したい場合等があるかと思います。

そういった複数のLinuxカーネルを使用したい場合に使える方法についてここで紹介します。

Armadillo-IoT G3/G3L,X1: x1-debian-builder: スクリプト動作の概説

Armadillo-IoT G3/G3L、あるいはArmadillo-X1では、x1-debian-builderというツールを使用してルートファイルシステムアーカイブを作成します。

この記事では、その主たる処理を行うbuild.shの動きについて、簡単に概要を説明いたします。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ