ブログ

HALCONエラー内容

Armadillo-810/840でHALCONを利用したアプリを実行するとエラーが出力される場合があります。
2014年11月7日時点でHALCONエラーの要因が判明しているものについて記載します。

HALCON error #2036: could not find license.dat in operator set_system

ライセンスファイル(/opt/halcon/license/license.dat)が存在しない場合に出力されます。

HALCON error #2076: Message checksum failure in operator set_system

ライセンスファイル(/opt/halcon/license/license.dat)の内容がおかしい場合に出力されます。

HALCON error #5101: Error while opening the window in operator open_window

Xサーバーに接続できない場合や、ウィンドウを開けない場合に出力されます。

[A420][A440][bootloader][カスタマイズ]: USBデバイスが接続されている場合には強制的にフラッシュメモリから起動

久しぶりにArmadillo-420/440のブートローダー「hermit-at」をカスタマイズしたので記事にしてみました。

【要件】

ブートローダーがLinuxを起動する際に、USBデバイスが接続されていればフラッシュメモリに格納されているシステムイメージを利用して起動する
上記が必要な場面は、電源ON/OFF(リセット)以外の制御が行えない状況下で、マイクロSDに格納されているシステムイメージを更新するといった場面です。 システムリカバリにも利用可能です。

Armadillo-810/840(hermit)が起動しない

過去に、Armadillo-810での作業中に、やらかしてしまった失敗談を参考まで。

とある問題の切り分けのためにフラッシュ用のboot loaderを、Hermit-At Winを使って、何回か書き換えている最中に、
hermitが立ち上がらなくなる事象が発生。

USBシリアル変換チップのスライドで、保守モードにしようがOS自動起動モードにしようが、シリアルコンソールには何も表示されない。
ハード故障かと思ったが、LEDは点灯しているし、問題はなさそう。

Hermit-At Winから再度書き換えたいが、targetにつながらないといわれる。
ふと再度Hermit-At Winの画面を見ると、前回フラッシュに書き込んだファイルが、SDカード用のboot loaderでした。

復旧方法は以下の通り。

1) Armadillo-810の拡張ボートBに、boot loader入りのSDカードを挿入
2) JP3をショートさせて、SDカード内からhermitを起動
3) 再度Hermit-At Winからフラッシュ用のboot loaderに書き換え

以上

DebianでQMLを動かしたがタッチイベントに反応しない

Atmark Distで動かしていたQMLアプリケーションを、Debianへ移行した際のメモです。

Armadillo-840用のDebianユーザーランドにはQt5のパッケージがインストール済のため、 特にQt関係のパッケージ追加は必要なかった。

ただし日本語フォントが入っていなかったので、ひとまずtakaoフォントをインストールした。

#apt-get install ttf-takao-gothic

しかし以下のようにQMLを実行してみたが、タッチイベントに反応しない。

Atmark Distで作ったユーザーランドにファイルを追加する方法

開発したアプリケーションや、設定ファイルなどを、Atmark Distで作ったユーザーランドに配置する方法について紹介します。

Armadillo:Qt4でいろんなフォントで表示

例として、
Howto : Armadillo-440でQt! 第3回
で作成されたMainWindowにラベルを貼りつけて3種類のフォントで「こんにちは」を表示する方法を示す。

1.Armadillo-440のROMのユーザーランド領域には、日本語Truetypeフォントを複数置けるサイズはないので、
予め、Truetypeフォント書き込んだMicroSDをArmadillo-440に挿入して起動する。
(下記サンプルコードでは、
 TakaoGothic.ttf、TakaoMincho.ttf、sazanami-mincho.ttf
 をMicroSDに置いた場合である。
 これらのttfファイルは、ATDEの/usr/share/fonts/truetype/にある。)

2.Armadilloの/usr/local/Trolltech/Qt-4.8.3-qws-armel/lib/fontsの
 フォントファイルを削除する。(標準では、TakaoPGothic.ttfが存在。)

開発時のユーザーランドの選択についての参考情報

Armadilloのユーザーランドには、「Atmark Dist」と「Debian GNU/Linux」が使用できます。 それぞれに特徴があり、どういった場面でどちらを使えば良いかわからない場合もあるかと 思います。

今回は、簡単にですが「Atmark Dist」と「Debian GNU/Linux」の選び方について紹介します。

Armadillo:Qt4で簡易的にフォントを変更する

Howto : Armadillo-440でQt! 第2回に紹介されているQtに対応したATDE(atde4-qt-amd64)でビルドした場合、
フォントは、
atmark-dist/romfs/usr/local/Trolltech/Qt-4.8.3-qws-armel/lib/fonts
の下に置かれる。
(デフォルトは、TakaoPGothic.ttf)

簡易的にフォントを変更する場合は、TakaoPGothic.ttfを削除して
別のフォント(例えばTakaoPMincho.ttfや、sazanami-gothic.ttf等)を置いてmake imageする。

補足)ATDEだと、/usr/share/fonts/truetype/内にフォントファイルがある。

Armadillo:Qt4で日本語を表示する

例として、
Howto : Armadillo-440でQt! 第3回
で作成されたMainWindowにラベルを貼りつけて「こんにちは」を表示する方法を示す。

QtCreatorで、
1.「編集」を選択して、「mainwindow.cpp」をダブルクリックする。
->mainwindow.cppのソースの編集画面に変わる。

2.mainwindow.cppのインクルードファイルに
#include <QLabel>
#include <QTextCodec>
を追加。 MainWindow::MainWindowに下記のように /***** Display Japanese: begin ****/

Armadillo-400シリーズ: Atmark DistでPythonを動かす

Howto : Debianのパッケージに含まれるコンパイル済みのバイナリをArmadilloで動作させる方法を参考に、Armadillo-400シリーズでPythonをインストールしたユーザーランドイメージを作成してみました。

インストールしたパッケージは以下の通りです。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ