ブログ

Armadillo-640: Qtアプリケーションを動作させてみる

Armadillo-640ではGUIを使用するためのフレームワークが標準で入っていません。そのため、ここではQtを入れてGUIアプリケーションを動作させてみます。

Armadillo-640:pythonでI2C通信

Armadillo-640で、pythonでI2C通信を確認してみました。
ここでは、I2C通信の加速度センサー(ADXL345)からデータを取得してみました。

Armadillo-640:pyserialでシリアル通信

Armadillo-640:pythonを動かす で構築した環境で、pyserialでシリアル通信してみました。

軽量テキストエディタmicroのご紹介

直観的なユーザインターフェースを持つ端末ベースのテキストエディタmicroをご紹介します。

ATDE7: 日本語のディレクトリを英語に変更する方法

ATDE7で日本語のディレクトリを英語に変更する方法をご紹介します。

Armadillo-640:pythonパッケージ追加

Armadillo-640:pythonを動かすで構築した環境にpythonパッケージを追加する方法です。
ここでは、シリアル通信のパッケージ(pyserial)を追加してみます。

過去のハードウェアの変更の確認方法

Armadilloは産業用途向けの製品ですので、搭載しちえる部品の変更や仕様の変更等があれば変更通知にて事前にお知らせします。その際に過去にさかのぼってすべての変更内容を確認する際には、すべての変更通知を一つ一つ確認するのは大変です。そのため、ここでは各製品の過去の変更を確認するための方法を紹介します。

Armadillo-IoT G3/G3L: ネットワークコネクションの状態変更時にスクリプトを動作させる方法

Armadillo-IoT G3/G3Lをご使用の際にネットワークの状態が変化した時に何かしらの処理をしたい場合があるかと思います。その際にはNetworkManagerの仕組みを利用して、ネットワークの状態が変化した際に、スクリプトを起動することができます。

ここではネットワークの状態が変化した際にスクリプトを動作させる方法を紹介します。

Armadillo-640:BLEのUSBドングルを使ってみる

Armadillo-640で、下記のBLEのUSBドングルを使ってみました。
 USB-BT40LE(アイ・オー・データ)
 BSBT4D100(バッファロー)
 MM-BTUD43(サンワサプライ)
 LBT-UAN05C1(エレコム)
例として、BLE通信のセンサータグ「CC2650」(テキサスインスツルメンツ)との接続を確認しました。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ