ブログ

ATDE6:有線LANのネットワーク設定(手順抜粋)

ATDE6で有線LANのネットワークの設定について、製品マニュアルを参考に設定してみました。
コマンド説明や手順は製品マニュアルに記載されていますが、ここでは当方で有線LANのネットワーク設定した手順を抜粋します。

Armadillo-IoT(G2): 3G通信切断時の再接続シェルスクリプト

現状(2016/5/9時点)のArmadillo-IoT(G2)の3Gモジュール(HL8548)ファームウェアにはバグがあり、umts0のifup/ifdownを繰り返すと269回目で切断状態から復帰できなくなる現象が確認されています。 そのため、3G回線が切断された場合に自動的に再接続するスクリプトを作成しましたので、ご参考にしてください。

Armadillo-440でUSB 3Gドングル(RT-WJ02)を使ってみる(イメージ作成編)

以前、ブログで、株式会社ネクス様が発売しているUSB 3Gドングル [ RT-WJ02 ]を、Armadillo-440で使ってみたときの内容ご紹介しました。設定ファイルなどを標準イメージ上で作成しましたが、RAMDISK上に作成しているため、 Armadillo-440をリブートすると消えてしまいます。
そこで、今回はSIMが固定的に使えることを前提に、ユーザーランドのイメージに設定ファイルを含める方法にしてみました。

Armadillo-440でUSB 3Gドングル(RT-WJ02)を使ってみる(簡易確認編)

株式会社ネクス様が発売しているUSB 3Gドングル [ RT-WJ02 ]を、Armadillo-440で使ってみました。 まずは標準のユーザーランドのままで動作確認をしてみます。 またSIMには umobile を利用していますので、お使いのSIMに合わせてユーザ名などは変更する必要があります。

Armadillo-IoT+絶縁デジタル入出力/アナログ入力アドオン:微風速センサー(BS-05S)のデータをクラウド(Heroku)経由で見る

Armadillo-IoT+絶縁デジタル入出力/アナログ入力アドオンモジュールと、ベアトリックス株式会社様の微風速センサーを使って、 Armadillo-IoTからアナログ入力で、微風速センサー(BS-05S)の 風速のデータを読み取って、クラウド(Heroku)経由で見てみました。

Armadillo-440:3軸加速度センサー(MMA8452Q)から取得した加速度をGTKでLCDに表示するサンプルプログラム

Armadillo-440からNXPの3軸加速度センサー「MMA8452Q」の加速度を取得して、 下の写真のようにGTKでLCDに表示するサンプルプログラムを作成してみました。
・加速度に応じて、赤丸が疑似3D風の座標でリアルタイム(といっても50ms毎)に動きます。

Armadillo-400シリーズ:3軸加速度センサー(MMA8452Q)から加速度を取得するサンプルプログラム

Armadillo-440からNXPの3軸加速度センサー「MMA8452Q」の加速度を取得してみました。
動作確認の手順とサンプルプログラムについて説明します。

Armadillo-400シリーズ:Repeated Start Condition対応のI2C通信のデバイスのレジスタからリード

I2C通信において、単純なRead、Writeでは、Stop Conditionで通信を終了するまでRead、Writeの方向は固定です。
内部レジスタを持つI2C通信のデバイスで、任意のレジスタをReadする方法として、 単純なRead、Writeを組み合わせで行える場合は、.....

ページ

Subscribe to RSS - ブログ