ブログ

Armadillo-400シリーズ: 新フラッシュメモリ対応パッチ使用時にエラーが発生する問題の対応

Armadillo-400シリーズで新フラッシュメモリに対応するパッチを適用した後、書き込んで起動した場合に「WARNING: Unable to find /dev/flash/config: failed」というメッセージが表示されることがあります。 このメッセージは、Linuxカーネルが新フラッシュメモリに対応していないため表示されます。

ここではこのメッセージが表示された場合の対応方法を紹介します。

Armadillo-640:ser2net(シリアルポートをtelnet/TCPに接続するソフト)を動かす

Armadillo-640で、ser2net(シリアルポートをtelnet/TCPに接続するソフト)を動してみました。 例えば、 PC--(LANインタフェース)--Armadillo-640--(シリアルインタフェース)--装置 のような構成で、PCのLANインタフェースで装置とシリアル通信する用途に使えます。

Armadillo-640:USB Video Class(UVC)を有効にする

Armadillo-640で、USB Video Class(UVC)を有効にする方法です。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L,Armadillo-640: 自作アプリケーションのDebianパッケージ作成方法

Armadillo-X1,Armadillo-IoT G3/G3L,Armadillo-640:自作アプリケーションのDebianパッケージを作成する方法についてご紹介します。

ATDE7:画面のロック時間を長くする

ATDE7の画面のロック時間(デフォルトだと5分)を変更する方法です。

ATDE7:ATDE(ゲストOS)とWindows(ホストOS)のファイル共有

VMwareで、ATDE7(ゲストOS)とWindows(ホストOS)のファイルを共有する方法です。

Armadillo-640:DHCPサーバー未接続時の起動時間の短縮

Armadillo-640の標準イメージは、起動時にDHCPサーバーからIPアドレスを取得するように設定しています。 DHCPサーバーに接続していると、15秒程度で起動します。 ただ、DHCPサーバーに接続されていないと、90秒程度かかります。

そこで、DHCPサーバー未接続の環境で起動時間を短縮する方法です。

Debian GNU/Linuxにインストールされているパッケージリストを確認する

Debian GNU/Linuxを搭載しているArmadilloを使用している際には、開発時にパッケージを追加したりした場合等の状況でどのようなパッケージがインストールされているのか確認したい場合があると思います。

そのため、ここではArmadilloでどのようなパッケージがインストールされているのか確認する方法を紹介します。

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1: 複数台のArmadilloへカスタマイズしたソフトウェアの書き込み方法まとめ

Armadilloは産業用途で使用したいため、製品出荷時用に複数台のArmadilloへ同じソフトウェアを効率的に書き込みたい場合があります。

そのため、ここではArmadilloへ効率的にソフトウェアを書きこむ方法を紹介します。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ