Armadillo-640のSDブート時の環境変数

中村です。

Armadillo-640のSDブート時の環境変数
bootcmdとsetup_mmcargsの設定についてです。

[13.4. SDブートの実行]
https://manual.atmark-techno.com/armadillo-640/armadillo-640_product_manual_ja-1.5.0/ch13.html#_sd%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%A1%8C

マニュアルでは

setenv bootcmd run setup_mmcargs; ext4load mmc 1:2 \${loadaddr} /boot/uImage\; ext4load mmc 1:2 0x83000000 /boot/a640.dtb\; bootm \${loadaddr} - 0x83000000\;
setenv setup_mmcargs setenv bootargs root=/dev/mmcblk1p2 rootwait ${optargs};

となっていますが、
1つ目のsetenvのsetup_mmcargsの後ろの';'の前
2つ目のsetenvの最後の${optargs};の'$'の前と";"の前
に、バックスラッシュが抜けているようですが、
いかがでしょうか?

修正後は次のようになります。

setenv bootcmd run setup_mmcargs\; ext4load mmc 1:2 \${loadaddr} /boot/uImage\; ext4load mmc 1:2 0x83000000 /boot/a640.dtb\; bootm \${loadaddr} - 0x83000000\;
setenv setup_mmcargs setenv bootargs root=/dev/mmcblk1p2 rootwait \${optargs}\;

--
なかむら

製品: 
Armadillo-640

> 中村です。
>
> Armadillo-640のSDブート時の環境変数
> bootcmdとsetup_mmcargsの設定についてです。
>
> [13.4. SDブートの実行]
> https://manual.atmark-techno.com/armadillo-640/armadillo-640_product_manual_ja-1.5.0/ch13.html#_sd%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%A1%8C
>
> マニュアルでは
>

> setenv bootcmd run setup_mmcargs; ext4load mmc 1:2 \${loadaddr} /boot/uImage\; ext4load mmc 1:2 0x83000000 /boot/a640.dtb\; bootm \${loadaddr} - 0x83000000\;
> setenv setup_mmcargs setenv bootargs root=/dev/mmcblk1p2 rootwait ${optargs};
> 

> となっていますが、
> 1つ目のsetenvのsetup_mmcargsの後ろの';'の前
> 2つ目のsetenvの最後の${optargs};の'$'の前と";"の前
> に、バックスラッシュが抜けているようですが、
> いかがでしょうか?
>
> 修正後は次のようになります。
>

> setenv bootcmd run setup_mmcargs\; ext4load mmc 1:2 \${loadaddr} /boot/uImage\; ext4load mmc 1:2 0x83000000 /boot/a640.dtb\; bootm \${loadaddr} - 0x83000000\;
> setenv setup_mmcargs setenv bootargs root=/dev/mmcblk1p2 rootwait \${optargs}\;
> 

ご指摘ありがとうございます。
そのとおりです。
ご迷惑おかけして申し訳ありません。
今月アップデート時に製品マニュアルを修正いたします。