RS232Cアドオンモジュール(RS00)の使い方

Armadillo-X1にて、Armadillo-X1本体のCON7に、RS232Cアドオンモジュール(RS00)を利用しようとしています。
製品マニュアルを見る限り、本体のCON7のUARTのピン配置と、
RS00のCON1のピン配置が異なります。
具体的には、RS00のCON1の#38, #39, #40, #41が、RTS,CTS,TX,RXとなっていますが、
Armadillo-X1本体ではそこのピンは、ECSPI2に割り当てられています。

これらの設定をRS00用に変更するにはどのようにしたらよろしいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

製品: 
Armadillo-X1

溝渕です。

> 具体的には、RS00のCON1の#38, #39, #40, #41が、RTS,CTS,TX,RXとなっていますが、
> Armadillo-X1本体ではそこのピンは、ECSPI2に割り当てられています。

https://manual.atmark-techno.com/armadillo-x1/armadillo-x1_product_manual_ja-2.0.0/ch16.html#sct.con7

製品マニュアルの上記ページを見てECSPI2に割り当てられていると判断されたのでしょうか。

これは、i.MX 7Dualのピン名であり、機能という意味ではありません。

> これらの設定をRS00用に変更するにはどのようにしたらよろしいでしょうか?

RS00を接続して起動すると、自動的にUARTの機能になります。他のアドオンモ
ジュールも同様に、動的に機能を変更するように実装しています。

ご回答をありがとうございます。
そのままつけて、確認したところ、ttymxc6が現れることを確認しました。
よくブロック図をみたらEEPROMがあったので、そこで自動認識しているのですね。
そうとは知らずに、カーネルのコンフィギュレーションか何かが必要かと思っていました。

ありがとうございました。