LTE/3G両対応SIMのLTE接続固定化設定が再起動後に保持されない

いつもお世話になっております。櫻井と申します。
Armadillo-IoT G3 M1-Sモデルにて、LTE/3G両対応SIMでのインターネット接続をLTEに固定化する方法についてご教示頂ければと思います。

現在、過去のフォーラムのやりとり(https://users.atmark-techno.com/forum/armadillo/3721
などを参考に、LTE固定化設定を試しているのですが、再起動すると設定値が戻ってしまいます。
LTEと3G両方に対応しているSIMで常にLTE通信するよう設定する事は出来ないようになっているのでしょうか?

実行した手順は下記になります。

1. 現在のモードの確認
 # service connection-recover stop
 # service ModemManager stop
 # cu -l /dev/ttyUSB2 -s 115200
 Connected.

 # AT+QCFG="nwscanmode"?
 +QCFG: "nwscanmode",0 ← Auto設定

 OK

2. LTE固定化
 # AT+QCFG="nwscanmode",3,1
 OK

3. 設定が変更された事を確認
 # AT+QCFG="nwscanmode"?
 +QCFG: "nwscanmode",3 ← LTE固定化

4. 再起動後に設定を確認
 # service connection-recover stop
 # service ModemManager stop
 # cu -l /dev/ttyUSB2 -s 115200
 Connected.

 # AT+QCFG="nwscanmode"?
 +QCFG: "nwscanmode",0 ← Auto設定に戻っている

また、2の手順にて、LTEではなく3G固定化した場合は再起動後も設定は保持されています。
 # AT+QCFG="nwscanmode",2,1
 OK

環境
Armadillo型番:AGX3144-D00Z
Linuxカーネル:4.9.133-at3 (atmark@atde7)
ディストリビューション:Debian GNU/Linux 9 (Stretch)

製品: 
Armadillo-IoT G3

古関です。

こちらでは症状が確認できませんでした。
(問題なくLTEに固定ができた)

> 4. 再起動後に設定を確認
再起動は、rebootコマンドで実施したでしょうか?

もしかするとモジュールの不揮発性メモリに値がsyncされる前に電源を切ってしまった可能性があるので、
以下の手順でもう一度確認していただけますでしょうか。

----------------------------------
# service connection-recover stop
# service ModemManager stop
# cu -l /dev/ttyUSB2 -s 115200
Connected.

AT+QCFG="nwscanmode",3,1
OK

※ モジュールを再起動(これでちゃんとsyncされるはず)
AT+CFUN=1,1

※ USBデバイスがdisconnect され、cuが終了
usb 2-1.2: USB disconnect, device number 3
option1 ttyUSB0: GSM modem (1-port) converter now disconnected from ttyUSB0
option 2-1.2:1.0: device disconnected
option1 ttyUSB1: GSM modem (1-port) converter now disconnected from ttyUSB1
option 2-1.2:1.1: device disconnected
option1 ttyUSB2: GSM modem (1-port) converter now disconnected from ttyUSB2
option 2-1.2:1.2: device disconnected
option1 ttyUSB3: GSM modem (1-port) converter now disconnected from ttyUSB3
option 2-1.2:1.3: device disconnected

※ USBデバイスが認識
usb 2-1.2: new high-speed USB device number 4 using ci_hdrc
option 2-1.2:1.0: GSM modem (1-port) converter detected
usb 2-1.2: GSM modem (1-port) converter now attached to ttyUSB0
option 2-1.2:1.1: GSM modem (1-port) converter detected
usb 2-1.2: GSM modem (1-port) converter now attached to ttyUSB1
option 2-1.2:1.2: GSM modem (1-port) converter detected
usb 2-1.2: GSM modem (1-port) converter now attached to ttyUSB2
option 2-1.2:1.3: GSM modem (1-port) converter detected
usb 2-1.2: GSM modem (1-port) converter now attached to ttyUSB3

再度cuで接続
# cu -l /dev/ttyUSB2 -s 115200
Connected.

AT+QCFG="nwscanmode"?
----------------------------------

古関様

横から失礼いたします。
小槌と申します。

関連する内容ですのでリプライで投稿いたします。

本投稿を参考に、Armadillo-IoT G3(型番:AGX3142-U03Z)にてLTEの固定化を試みましたが、
櫻井様が仰るように3G固定化はできますがLTE固定化ができませんでした。
確かに手順に従うとモジュール再起動後もLTE固定化が出来ているのは確認できましたが、
その後にModemManagerを起動するとLTE固定化が解除されてしまいます。

古関様の手順ではModemManagerの起動はされていないようでしたので、再度ご確認いただきたく思います。

以下に、こちらの行った手順を示します。

-------------------------------------------
# service connection-recover stop
# service ModemManager stop
# cu -l /dev/ttyUSB2 -s 115200
 Connected.

AT+QCFG="nwscanmode",3,1
 OK

AT+CFUN=1,1
※ USBデバイスがdisconnect され、cuが終了
# cu -l /dev/ttyUSB2 -s 115200
 Connected.

AT+QCFG="nwscanmode"?
+QCFG: "nwscanmode",3 ← LTE固定化を確認
※ここまではhttps://users.atmark-techno.com/comment/6715#comment-6715の手順通り
~.
# service ModemManager start
※mmcli -m 0 を確認しながら接続が完了するまで待つ
# service ModemManager stop
# cu -l /dev/ttyUSB2 -s 115200
 Connected.

AT+QCFG="nwscanmode"?
+QCFG: "nwscanmode",0 ← Autoに戻っている
-------------------------------------------