Armadillo-840mのデフォルトビルドに失敗してしまう

お世話になっております。

  ATDE5
  Linuxカーネル : v3.4-at26
  ユーザーランド (Atmark Dist) : v20180330
上記をダウンロードして、
  https://manual.atmark-techno.com/armadillo-840/armadillo-840_product_manual_ja-1.9.4/ch11.html
の手順でデフォルトビルドしたところ下記のエラーが発生してビルドに失敗しました。
このとき、make menuconfigは
  ベンダ名:AtmarkTechno
  プロダクト名:Armadillo-840m
  デフォルトコンフィギュレーションを設定
して成功しています。

/bin/sh: 1: extensions/.dccp-test: Permission denied
/bin/sh: 1: extensions/.layer7-test: Permission denied
/bin/sh: 1: extensions/.statistic-test: Permission denied
ln: `/bin/iptables' にアクセス中: そのようなファイルやディレクトリはありません
ln: `/bin/iptables' にアクセス中: そのようなファイルやディレクトリはありません
rm: `/home/atmark/development/atmark-dist-20180330/romfs/usr/bin/' を削除できません: ディレクトリです
make[3]: svnversion: コマンドが見つかりませんでした
make[3]: ディレクトリ `/home/atmark/development/atmark-dist-20180330/user/mjpg-streamer/mjpg-streamer.r182' に入ります
cp: `mjpg-streamer.r182/input_control.so' を stat できません: そのようなファイルやディレクトリはありません
490 blocks
make[2]: 循環 all <- all 依存関係が破棄されました.
88 blocks
Makefile:548: 警告: ターゲット `install_target' へのコマンドを置き換えます
Makefile:539: 警告: ターゲット `install_target' への古いコマンドは無視されます
Makefile:552: 警告: ターゲット `uninstall_target' へのコマンドを置き換えます
Makefile:543: 警告: ターゲット `uninstall_target' への古いコマンドは無視されます
1 block
2 blocks
rm: `/home/atmark/development/atmark-dist-20180330/romfs/etc/udev/rules.d' を削除できません: ディレクトリです
1008 blocks
rm: `/home/atmark/development/atmark-dist-20180330/romfs/sbin' を削除できません: ディレクトリです
cp: `preinstall/sbin' を stat できません: そのようなファイルやディレクトリはありません
/bin/sh: 1: [: unexpected operator
7 blocks
make: *** [romfs] エラー 1

同様の現象を解決された方はいらっしゃらないでしょうか?
解決方法をご教示いただければ幸いです。
 
以上、よろしくお願いいたします。

製品: 
Armadillo-840m

お騒がせしております。
自己解決しました。

atde5に対してapt-get updata/upgradeして一部パッケージを更新していたことが原因と思われます。
atde5を入れなおしてmakeできることを確認いたしました。

以上、よろしくお願いいたします。