このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージの書込みについてご教授願います。

お世話になっております。

Armadill-IoT G3を購入し、pythonの導入をしようと
makeconfigからUserland Configurationにて
__________________________________________________________________________________
atmark-dist v1.42.0 Configuration
    Miscellaneous Applications --->
         [*] python # チェックを入れます
         [ ] enable ipv6 # IPv6対応が必要な場合はチェックを入れます
         (pyc) python file extension
         [*] stdlib # libpython2.7-stdlib 相当のファイルが必要な場合はチェックを入れます
         [ ] 2to3 # Python 2から3への自動コード変換が必要な場合はチェックを入れます
           :
    X Window System --->
         [ ] X.Org KDrive #チェックを外します
___________________________________________________________________________________
を設定しビルドした後、netflashを用いて書込みをしようとしたところ
「-bath: netflash: command not found」
となって書込みが出来ませんでした。
armadillo-IoT G3のイメージの書き換えはSDカードのみでしか行えないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

製品: 

  • Armadillo-IoT G3

 Armadill-IoT G3 は atmark

Armadill-IoT G3 は atmark-distに対応しておりません。
X1, G3L と同様に debian 8(jessie) ユーザーランドを採用しております。

いくつかのアットマークテクノ製のパッケージをインストールして
いますが、PC向けの普通のdebian ユーザーランドと使い方は変らないので、
パッケージの追加はaptを使ってください。

pythonのインストール例:

# apt-get update
# apt-get install python

ルートファイルシステムに関連する主な情報は
製品マニュアルの下記ページに記載しています。

第8章 Debian ユーザーランド仕様
http://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot-g3/armadillo-iotg-g3_product_manual_ja-1.6.1/ch08.html

10.3.2. カスタマイズされたルートファイルシステムアーカイブを構築する
http://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot-g3/armadillo-iotg-g3_product_manual_ja-1.6.1/ch10.html#sct.build-debian.customized-rootfs-archive

11.2.4. ルートファイルシステムの書き換え
http://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot-g3/armadillo-iotg-g3_product_manual_ja-1.6.1/ch11.html#sct.update_image_simply.rootfs_debian

22.2. ルートファイルシステムへの書き込みと電源断からの保護機能
http://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot-g3/armadillo-iotg-g3_product_manual_ja-1.6.1/ch22.html#sct.howto-protect-rootfs