このエントリーをはてなブックマークに追加

Armadillo-IoT G3LのmicroSDがUHS-Iで動作しない不具合の修正

溝渕です。

Armadillo-IoT G3LのmicroSDがUHS-Iで動作しない不具合を発見しました。不
具合の回避方法について報告いたします。

ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。

● 現象
UHS-I対応microSDカードをArmadillo-IoT G3Lに接続してもHigh Speed(48MHz)
で動作します。UHS-I(196.36MHz)で動作することはありません。

● 影響範囲
linux-3.14-x1-at11(Linuxカーネルイメージ: uImage-x1-v11.00)から
linux-3.14-x1-at13(Linuxカーネルイメージ: uImage-x1-v13.00)までの
Linuxカーネルを利用している場合に、本不具合が発生します。

linux-3.14-x1-at10(Linuxカーネルイメージ: uImage-x1-v10.00)以前のLinux
カーネルを利用している場合には、本不具合は発生しません。

また、次回リリース予定のlinux-3.14-x1-at14(Linuxカーネルイメージ:
uImage-x1-v14.00)でも、本不具合は発生しません。

● 回避方法
DTB(Device Tree Blob)の変更で回避可能です。添付のDTBまたは、DTS(Device
Tree Source)へのパッチをご利用ください。共にlinux-3.14-x1-at13を対象に
作成しています。

以上です。

製品: 

  • Armadillo-IoT G3L