このエントリーをはてなブックマークに追加

カーネルイメージとユーザランドの書き込みでNG

下記資料を参考にしながら、ルートファイルシステムのビルド及びイメージファイルの作成を行なっています
  armadillo-guide-1_ja-3.1.0.pdf
  Armadillo 実践開発ガイド ~組み込み Linux の導入から製品化まで~ 第1部 Version 3.1.0 2015/12/18 linux-3.14-at 対応
  P118 7.2.5. イメージファイルの書き込み

ところが、カーネル及びユーザランドのイメージ書き込み時にNGとなります

 hermit> tftpdl 【Armadillo IPアドレス】 【ATDE IPアドレス】 --kernel=linux.bin.gz --userland=romfs.img.gz
 initializing net-device...OK

 Client: 【Armadillo IPアドレス】
 Server: 【ATDE IPアドレス】
 Region(kernel): linux.bin.gz
 Region(userland): romfs.img.gz

 Filename : linux.bin.gz
 -NG Hermit-At v3.8.1 (armadillo-iotg-std) compiled at 13:14:31, Nov 25 2016
 hermit>

資料と異なる部分は以下です
  my-productは「Armadillo-IoTG-Std」を選択しています
  Atmark Distは「atmark-dist-20170621」です
  Linuxカーネルは「linux-3.14-at8」です
  ATDEは「atde5-i386-20161130」を利用しています

ATDE上ではイメージファイルが置いてあります
 $ ls -lah /var/lib/tftpboot
  lrwxrwxrwx 1 root root 8 6月 27 2013 /var/lib/tftpboot -> /var/www

 $ ls -lah /var/www/
  drwxrwxr-x 2 www-data www-data 4.0K 8月 7 20:57 .
  drwxr-xr-x 12 root root 4.0K 11月 30 2016 ..
  -rwxr-xr-x 1 root root 3.5M 8月 7 20:10 linux.bin.gz
  -rwxr-xr-x 1 root root 51K 8月 7 20:57 loader-armadillo-iotg-std-v3.8.1.bin
  -rwxr-xr-x 1 root root 7.4M 8月 7 20:10 romfs.img.gz

以上
よろしくお願いいたします

製品:
Armadillo-IoT G1/G2

製品: 

  • Armadillo-IoT G1/G2