Armadillo消費電力測定方法

Armadilloの消費電力を測定する方法を、Armadillo-440液晶モデル開発セットを例にしてご紹介します。

■ 使用機材

  • Armadillo-440液晶モデル開発セット (以下、Armadillo-440)
  • 安定化電源装置: GW Instek GPS-3030DD

■ 測定環境

  • USB端子からの外部電源供給なし
  • SDカード未実装
  • Armadilloログイン後の状態で測定(バックグラウンドプロセス以外は未実行)

■ 測定方法

1. 安定化電源装置の出力電圧設定

Armadillo-440の入力電圧範囲は、DC3.1V~DC5.25Vです。今回は、安定化電源装置の出力電圧を5Vに設定します。 TAG index

2. Armadillo-440を安定化電源装置に接続

※ 安定化電源装置の電源がオフになっていることを確認して作業を進めます。
Armadillo-440のCON13は、電源入力用のインターフェースです。

ピン番号 信号名 I/O 機能
1 GND Power 電源(GND)
2 VIN Power 電源入力端子、CON12のセンターピンと共通
3 GND Power 電源(GND)
4 PMIC_ONOFF* In 電源ICのON/OFF制御
(2秒以上のGNDショートで電源OFF、 電源OFF時に再度GNDショートで電源ON。PMIC_ONOFF*は電源入力VINで10kΩプルアップされています。)

CON13はスルーホールとなっています。 今回は、スルーホール用テストワイヤを使って、安定化電源装置の5V出力をCON13の2番ピン、またGNDを3番ピンに接続します。 CON13の2番ピンと3番ピンは隣り合っていますので、ワイヤが短絡しないように注意してください。 TAG index TAG index

3. Armadillo-440消費電力測定

すべての接続を確認した後、安定化電源装置の電源をオンにします。 安定化電源装置のLCDパネルに表示される電圧値と電流値を読み取ることで、Armadillo-440の消費電力が分かります。 TAG index

■ 参考

参考として、今回の測定で得た値を以下に示します。

■ LANケーブル未接続

  • brightness最大: 5.0V x 0.25A = 1.25W
  • brightness最小: 5.0V x 0.15A = 0.75W

■ LANケーブル接続

  • brightness最大: 5.0V x 0.29A = 1.45W
  • brightness最小: 5.0V x 0.19A = 0.95W
製品: 
Armadillo-440
タグ: 
Armadillo-440
TIPS
周辺デバイス