ブログ

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: systemdでアプリを自動起動する方法(その1)

Armadillo-X1,Armadillo-IoT G3/G3L: systemdでアプリを自動起動する方法を紹介します。 今回は例として、簡単なシェルスクリプトを作成し、システム起動時に自動起動させてみました。

Armadillo-IoT(G3)/X1+RS485アドオン:土壌水分センサー(WD-3-WT-5Y-485M)のデータを取得する

Armadillo-IoT(G3)/X1からRS485(Modbus通信)で、土壌水分センサー(WD-3-WT-5Y-485M)の体積含水率、電気伝導率、温度のデータを読み取ってみました。

Armadillo-810/840:Hermit-At Win32(フラッシュメモリ書換ツール(Windows用))でイメージ書き換え

Armadillo-810/840で、Hermit-At Win32(フラッシュメモリ書換ツール(Windows用))でイメージを書き換える方法です。

Armadillo-X1,Armadillo-IoT G3/G3L: コンソールログレベルを変更し、コンソール画面へのログを抑制する

TeraTerm等でArmadilloのコンソールを開き、コマンド入力していると、 カーネルのデバイスドライバ等のログが表示され、邪魔なことがあります。

本記事ではコンソールのログレベルを変更することで、コンソール上へのログ出力を抑制する方法を紹介します。

Armadillo-X1,Armadillo-IoT G3/G3L: Armadilloへネットワーク経由でファイルを追加/削除する方法

Armadillo上でファイル操作するためだけにシリアルケーブルを接続し、TeraTerm等を起動するのは面倒なことがあります。

この記事では、Armadillo側へはSSHサーバを使用し、PC側へはWinSCPを使用することで、Windows上のファイル操作と同様にArmadillo上のファイルを操作する方法を紹介します。

node-eye: ArmadilloからFTPサーバーにファイルをアップロードする方法

node-eyeを使用時に、ログファイル等のサイズの大きなファイルをリモートで見たい場合があるかと思います。node-eyeでは任意コマンドの仕組みを使用して、指定したファイルをFTPサーバーにアップロードすることができます。

ここでは、node-eyeの任意コマンドの仕組みを使って、ArmadilloのファイルをFTPサーバーにアップロードする方法を紹介します。

node-eye: Armadilloの特定パッケージのみアップデートする方法

node-eyeを使用時に、アプリケーションの更新等で、特定パッケージのみアップデートしたい場合があるかと思います。node-eyeでは任意コマンドの仕組みを使用して、特定パッケージのアップデートのみ実行することができます。

ここでは、node-eyeの任意コマンドの仕組みを使って、Armadilloにインストールされている特定パッケージのアップデートを行う方法を紹介します。

node-eye: Webサーバーを使用して指定したファイルをArmadilloにダウンロードする方法

node-eyeを使用している際に、一部ファイルだけの更新をしたい場合などがあると思います。その際には、node-eyeの任意コマンドを使用して、外部のWebサーバーからファイルをArmadilloにダウンロードすることが可能です。

ここでは、node-eyeから指定したファイルを、Armadilloにダウンロードする方法を紹介します。

TIPS: Armadillo-X1/Armadillo-IoT G3でアドバリー製USBLANアドオンを動作させる

アドバリー製USBLANアドオン(ATB-AGAD-USBLAN)は、標準のカーネルのままでは動作させることができません。

カーネルにパッチを適用することで動作を確認できましたので、参考までに紹介します。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ