ブログ

Armadillo-640:pythonでGPIO制御

Armadillo-640で、pythonでGPIO制御する例です。

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1:無線LANの受信感度の確認方法

Armadillo-IoT(G3/G3L)/X1/640で、無線LANの受信感度の確認する方法です。

Armadilloをインターネットに接続できない場合のdebパッケージインストール方法

会社のセキュリティポリシー等で社内ネットワークにArmadilloを接続することができない場合があるかと思います。その際にはArmadillo上でaptコマンドを使用することができずパッケージをインストールする方法に困ります。

そういった場合の解決策としてATDE上でDebianパッケージをダウンロードし、USBメモリ/SDカード等でArmadilloにコピーし、Armadilloにdebパッケージをインストールする方法を紹介します。

Armadillo-G3L:MQTTブローカーを構築してみた。

Armadillo-IoT G3Lを使って、MQTTブローカーを構築しました。 動作確認の為に、Publishとしてpythonで送ったメッセージを、ブラウザで確認しました。

Armadillo-X1: UnixBenchでベンチマーク

他のボードで開発したものをArmadilloに移植する場合や、どのArmadilloを使用するかを検討中に性能を比較したい場合があるかと思います。ここではLinux上で動作するUnixBenchをArmadillo-640で動作させベンチマークを取ってみます。

Armadillo-640: UnixBenchでベンチマーク

他のボードで開発したものをArmadilloに移植する場合や、どのArmadilloを使用するかを検討中に性能を比較したい場合があるかと思います。ここではLinux上で動作するUnixBenchをArmadillo-640で動作させベンチマークを取ってみます。

Armadillo IoT ゲートウェイ G3: Node-REDを自動起動させるルートファイルシステムを構築する

x1-debian-builder を使用してルートファイルシステムを構築し、 Armadillo IoT ゲートウェイ G3・G3L、Armadillo-X1、Armadillo-640上で Node-REDを自動起動させる手順を紹介します。

Armadillo-X1:spi-gpioでGPIOをSPI化する(Linux-4.9版)

Armadillo-X1の拡張I/F(CON8)にはCPUのSPIが3系統ありますが、他の機能で使ったりなどで、
SPIが不足した場合に、GPIOをSPI化して代替することが可能です。
ここでは、spi-gpioで下記表のようにCON8のGPIOをSPI化します。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ