ブログ

sshでパスワード入力なしでArmadilloにログインする

sshを利用してArmadilloにリモートログインする場合に、 通常はパスワード入力を要求されます。煩わしいですね。 ここではArmadillo-840を例に、パスワード入力なしでログインさせる方法を紹介します。

ATDE2からnetflash可能にする。

Armadillo-200シリーズの開発環境ATDE2からnetflashで書き込もうと思ったら、ATDE2は/var/wwwがなかった。

そこで、ATDE2にWebサーバー(lighttpd)をインストールする

[ATDE ~]$ sudo apt-get update
[ATDE ~]$ sudo apt-get upgrade
[ATDE ~]$ sudo apt-get install lighttpd

と、/var/wwwができた。

あとは、/var/wwwにイメージファイルを置いて、netflashコマンド

Debianで利用しているとネットワークインターフェース名が変更されてしまう場合の対処

SDカードなどにDebianをインストールして利用していると、ネットワークインターフェース名(e.g. eth1)が変更されてしまう場合があります。
これは、udevの機能の一つで、MACアドレスに対して固有のインターフェース名が付与されるようになっているためです。
そのため、別のArmadilloにSDカードを挿し直して起動した場合などに現象が発生します。

別のArmadilloに挿し直してもインターフェース名を常に「eth0」に保つには、
/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
を初期化しておきます。
初期化するには、下記のようなコマンドでも構いません。

echo > /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

Debianを再起動すると、ネットワークインターフェースが「eth0」と認識されます。

Armadillo-840でGStreamerを使ってLCD画面のキャプチャを取る方法

Armadillo-840で、LCDに表示されている画面をキャプチャする方法を紹介します。

Armadillo-840には標準でGStreamerが入っていますので、そちらを利用してキャプチャします。

以下のコマンドでキャプチャすることができます。

[armadillo ~]# gst-launch-1.0 -e multifilesrc location=/dev/fb1 num-buffers=1 ! \
> "video/x-raw,width=800,height=480,format=BGRx,framerate=1/1" ! \
> videoconvert ! jpegenc ! filesink location=capture.jpg

jpegencなどをpngencなどに変更すれば、他の画像形式でもキャプチャすることができると思います。

ATDE5でQWTを使ったQtグラフ表示サンプルアプリを動かす

QWTは、Qt上でグラフ表示などを簡単に表示することができるライブラリです。 センサーからのデータを表示するときなどに使えます。

Armadillo-840でも動作させることが可能で、センサー等の結果を表示させる場合などに便利です。

今回はArmadillo-840でQWTを動かす前に、デバッグ用にATDE5でQWTのサンプルアプリを動かす方法を紹介します。

ATDE5でQWTのサンプルアプリを動かす手順の流れは以下の通りです。

  1. QWTのインストール
  2. サンプルプログラムの起動
  3. 参考: QWTを使った新規アプリケーション開発時の注意

1. QWTのインストール

以下のURLからQWTのソースコードアーカイブをダウンロードしてください。 (今回はqwt-6.1.0.tar.bz2を使用します)

http://sourceforge.net/projects/qwt/files/qwt/6.1.0/

Armadillo-840拡張ボードのLEDを常時点灯させる

Armadillo-840液晶モデル開発セットの拡張ボードに実装されている
LED1(EXT1)を、Armadillo-840に電源が投入されてから常時点灯させる方法について。

---------------------------------------------------------------------------------
1. カーネルコンフィギュレーションを実行
---------------------------------------------------------------------------------

Device Drivers  --->
[*] LED Support  --->     
<*>   LED Default ON Trigger   ←チェックをつける
---------------------------------------------------------------------------------

Armadillo-400シリーズでsamba serverを使う

sambaという仕組みを使って、Armadillo上の任意のディレクトリを、Windowsと
共有することが可能ですが、samba serverはArmadillo-440ではデフォルトでは有効になっていません。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1. ユーザーランドのコンフィギュレーションを行います。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  [*] Customize Vendor/User Settings (NEW) 
  
    Userland Configuration
    Filesystem Applications  ---> 
    --- SAMBA

地図アプリでアイディア摸索中

Armadillo-840などで地図を表示して何かできないか摸索してます。

地図表示時のLCD画面キャプチャー画像

簡単に地図を表示するには、debianで起動させて次のパッケージをインストールすることで表示することが出来ます。

  • xserver-xorg-core
  • xserver-xorg-input-all
  • xserver-xorg-video-fbdev
  • foxtrotgps
  • matchbox

LCDに地図を表示させるために、Xorgを/dev/fb1上で起動させてあげます。
これをするには、/etc/X11/xorg.confを作成(修正)します。

ATDEのファイル名の文字色変更

ATDE3の共有フォルダのディレクトリの文字色は、緑地に青字で見づらい。 属性によって緑字になっているので、根本的には属性を変えればいいと思うが、 今回は文字色を変更してみた。

ホームディレクトリで、 dircolors -p > ~/.dir_colors で、.dir_colorsを作成。

.dir_colorsをエディタで開いて、 OTHER_WRITABLE 34;42 # dir that is other-writable (o+w) and not sticky の箇所を OTHER_WRITABLE 34;43 # dir that is other-writable (o+w) and not sticky に変更。

eval dircolors ~/.dir_colors -b で設定を反映。

ATDE3の共有フォルダのディレクトリの文字色が、黄色地に青字になった。

Armadillo-400シリーズでBLEを使ってみる

Armadillo-420でBluetooth Low Energyモジュールを利用して通信を行うための手順です。
動作確認については十分にできていませんが、ご参考にしていただければと思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1. ATDE5をダウンロード
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Armadillo-420の開発環境はATDE3となっていますが、Bluezの新しいバージョンについては、
ビルドにGLibの2.28以上が必要です。

atmark@atde3:~bluez-5.18$ ./configure --build=i686 --host=arm-linux-gnueabi
…省略…

ページ

Subscribe to RSS - ブログ