Armadillo-640のeMMCパーティションの切り直し

中村です。

Armadillo-640のeMMCパーティションを切り直しして、
独自に小さなパーティションの追加を検討しています。

表3.4 eMMC メモリマップ
https://manual.atmark-techno.com/armadillo-640/armadillo-640_product_manual_ja-1.5.0/ch03.html#tbl.a640-emmc-memmap

---------------------------------------------------------------------------------------
パーティション  サイズ      説明
---------------------------------------------------------------------------------------
1               30.6MByte   予約領域
2               3.4GByte    Linux カーネルイメージ, Device Tree Blob, Debian GNU/Linux
3               122.1MByte  予約領域
---------------------------------------------------------------------------------------

の3番目「予約領域」パーティションを使用してもかまいませんか?
これが不可の場合、
2番目のパーティションを小さくしてその後ろ、
「122.1MByte 予約領域」の前に小さなパーティションを
2つ追加しても大丈夫でしょうか?
「122.1MByte 予約領域」のパーティション番号が3ではなくなります。

標準状態のeMMCをfdiskで表示すると、次のようになっていました。

# fdisk -l /dev/mmcblk0
Disk /dev/mmcblk0: 3.5 GiB, 3791650816 bytes, 7405568 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x00000000
 
Device         Boot  Start     End Sectors   Size Id Type
/dev/mmcblk0p1        2048   64639   62592  30.6M  b W95 FAT32
/dev/mmcblk0p2      314688 7405567 7090880   3.4G 83 Linux
/dev/mmcblk0p3       64640  314687  250048 122.1M  b W95 FAT32
 
Partition table entries are not in disk order.

--
なかむら

製品: 
Armadillo-640

製品マニュアルで説明されておらず申し訳ありませんが、
8MiBの領域2つ(/dev/mmcblk0gp2、/dev/mmcblk0gp3)が使用可能です。
いかがでしょうか?

普通のブロックデバイス(/dev/mmcblk0)と同じ方法で使用できます。
fdiskでパーティションを作成してもいいですし、
mkfsしてファイルシステムを構築してからmountしてもいいです。

> の3番目「予約領域」パーティションを使用してもかまいませんか?

現状、この領域を利用するソフトウェアはありませんので、使用していただい
ても構いません。

ただし、将来、Armadillo-IoTで提供しているnode-eyeのような仕組みを、
Armadillo-640で提供することになった際に、この予約領域を使用する見込み
ですので、その際にサービスを受けられない可能性があります。

中村です。

ご回答、ありがとうございます。

> 8MiBの領域2つ(/dev/mmcblk0gp2、/dev/mmcblk0gp3)が使用可能です。
> いかがでしょうか?

今回はこれを使おうと思います。

> 普通のブロックデバイス(/dev/mmcblk0)と同じ方法で使用できます。
> fdiskでパーティションを作成してもいいですし、

パーティションを作成せずに直接mkfsして、
ext4ファイルシステムを作ってみました。
特に問題なく使えるようになりました。

> > の3番目「予約領域」パーティションを使用してもかまいませんか?
>
> 現状、この領域を利用するソフトウェアはありませんので、使用していただい
> ても構いません。

/dev/mmcblk0gp2,/dev/mmcblk0gp3ではサイズが足りないときいは、
(今回は8MiBもあれば十分ですが)こちらも検討してみます。

> ただし、将来、Armadillo-IoTで提供しているnode-eyeのような仕組みを、
> Armadillo-640で提供することになった際に、この予約領域を使用する見込み
> ですので、その際にサービスを受けられない可能性があります。

情報、ありがとうございます。

--
なかむら

/dev/mmcblk0gp0, /dev/mmcblk0gp1, /dev/mmcblk0gp2, /dev/mmcblk0gp3
について補足します。

/dev/mmcblk0gp0 : ライセンス情報
/dev/mmcblk0gp1 : 予約領域
/dev/mmcblk0gp2 : ユーザー領域
/dev/mmcblk0gp3 : ユーザー領域
となります。

また、これらの領域はインストールディスクでは初期化されません。

中村です。

> /dev/mmcblk0gp0, /dev/mmcblk0gp1, /dev/mmcblk0gp2, /dev/mmcblk0gp3
> について補足します。
...
> また、これらの領域はインストールディスクでは初期化されません。

ありがとうございます。

--
なかむら