アクセスポイントとして動作したときに使用できるパスワードの文字について

お世話になります。村杉と申します。

以下のURLを参考にArmadillo-IoT G3をアクセスポイントとして立ち上げて、無線ルータ化しようとしています。

https://users.atmark-techno.com/forum/armadillo/2132

以下のコマンドを実行してパスワードを設定する際に使用できる文字をご教授いただけないでしょうか?
一番知りたいのは使用できる記号です。

# nmcli connection modify TestAP 802-11-wireless.mode ap 802-11-wireless-security.key-mgmt wpa-psk 802-11-wireless-security.psk (パスワード) ipv4.method share ipv6.method auto connection.zone internal

試しに、
Atermのルータのサイト(http://www.aterm.jp/function/guide12/wireless/zero/web/bl/8w_m10.html)を確認すると記号が入力できるようなので、
Armadilloにて以下のnmcliを実行したところ、無線LAN端末(iPadを使用)にてパスワードを入力しても、「パスワードが違います」と
エラーが表示されてしまいます。

# nmcli connection modify TestAP 802-11-wireless.mode ap 802-11-wireless-security.key-mgmt wpa-psk 802-11-wireless-security.psk \\\\\\\\\\\\\\\\(¥マーク16個です) ipv4.method share ipv6.method auto connection.zone internal

よろしくお願いいたします。

以上

製品: 
Armadillo-IoT G3

中村です。

> # nmcli connection modify TestAP 802-11-wireless.mode ap 802-11-wireless-security.key-mgmt wpa-psk 802-11-wireless-security.psk \\\\\\\\\\\\\\\\(¥マーク16個です) ipv4.method share ipv6.method auto connection.zone internal

バックスラッシュ8個として認識されてると思います。

--
なかむら

中村様

御回答有難うございます。
村杉です。

バックスラッシュ8個で認証できました。

色々試してみます。

メタ文字も\でエスケープすれば問題なく使用できるということでしょうか?

以上

中村です。

> メタ文字も\でエスケープすれば問題なく使用できるということでしょうか?

ネット上に解説ページはたくさんあります(市販本もあり)。

「bash メタ文字 エスケープ クォート」
でネット検索してみてください。

--
なかむら

中村です。

> > メタ文字も\でエスケープすれば問題なく使用できるということでしょうか?
>
> ネット上に解説ページはたくさんあります(市販本もあり)。
>
> 「bash メタ文字 エスケープ クォート」
> でネット検索してみてください。
と書きましたが、
質問の意味を取り違えていたかもしれません。

nmcli内部でシェルのメタ文字をどう扱っているかは、
わからないです。
今回のバックスラッシュは使えたようですが。

--
なかむら

中村様

御回答有難うございます。
村杉です。

承知しました。

メタ文字を使用しないで進めたいと思います。

ありがとうございました。

以上