シリアル通信の文字化け

「Armadillo実践開発ガイド 第一部」の4.2.3に従い、シリアル通信を試みましたが、文字化けが起きてしまいます。
作業PCはWin7(32bit) +Teratermです。
(Ubuntu+minicomで試しましたが、結果は変わりません。)

teratermで文字コードを変えても文字化けは治りませんでした。
(参考までにフォントはMS ゴシック)
ボーレートなど通信設定は、ガイドの通り設定しています。
teratermのデバッグモードで16進数表示したログを添付します。
私の浅い知識ですが、文字コードに対応する16進数データが送られて来ていない様に見えます。

最初の電源投入時から同じ状態です。
アドバイスの方、よろしくお願いします。

ファイル名 ファイルの説明
teraterm_hex.log
製品: 
Armadillo-460

JP1をオープン、JP2をショートした状態で、
Armadillo-460の電源を入れなおした後に、
TeraTermに保守モードのプロンプトが表示されるか
確認してみてください。

hermit>

表示された場合は続けて、setenvコマンドを入力して
リターンキーを押すと、Linuxカーネルに渡すパラメータ
が表示されます。
(何も設定していない場合は、何も表示されません。)

hermit> setenv

 
もし、コンソールのボーレートが設定されていた場合は、
次のように表示されます。

hermit> setenv
1: console=ttymxc1,57600

実践開発ガイド通りに、TeraTermを設定している場合は
115200bpsで通信できる事を期待するので、次のように
clearenvコマンドを入力すると、何も設定されていない
デフォルトの115200bpsで起動する状態になります。

hermit> clearenv
hermit> setenv

また、考えられる他の原因として、もし、USB-シリアル変換
デバイスをRS-232C接続に使用している場合、
USB-シリアル変換ICによっては信号品質が悪く、正常に通信
できない場合があります。こちらも他の製品があれば
差し替えて試してみてください。

横から少々。
ログを見る限り、文字コード云々というレベルの化け方じゃありませんね。
クロスケーブルなどの通信経路の品質の問題のような気がします。
端末エミュレータの設定よりも、その辺りの情報を提示された方が話が早そうです。