入出力インターフェースの電気的仕様について

お世話になります。
大島と申します。

標記の件、Armadillo-810の入出力インターフェースの
電気的仕様について、
Armadillo-810 製品マニュアの
3.3.3. 入出力インターフェースの電気的仕様の
表3.4 入出力インターフェースの電気的仕様に
出力電流(total)のMAXが120mA、とありますが、
GPIOの出力電流の総和が、120mA未満で
あることの意でしょうか?
1pin当たり、使用出来る出力電流が、2mA程度と
伺っておりますが、その認識で問題ないでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ありません。

以上、宜しくお願い致します。

製品: 
Armadillo-810

> GPIOの出力電流の総和が、120mA未満であることの意でしょうか?
GPIOにマルチプレックスしたピンに限定してではなく、
全てのIOピンの出力電流の総和を示しています。

例えば、拡張ボードのSDカードに接続される信号線も
含めて、CPU全体でのIOピンの出力電流の定格が最大120mAという事です。

> 1pin当たり、使用出来る出力電流が、2mA程度と
これは、マニュアルの通り1pinあたり2mAが最大定格です。
2mAを超えた場合は、ハードウェアが破損する可能性があります。

詳細は、製品登録のうえ(既にされていると思います)、
アットマークテクノ ユーザーズサイトの
「サポート」->「ダウンロード」からR-Mobile A1の
データシートをダウンロードして確認する事ができます。

データシートは
コンテンツ名 "Armadillo-800シリーズ ルネサス R-Mobile A1 データシート"
内の"R-Mobile A1 User's Manual: Hardware Rev.2.00"です。
https://users.atmark-techno.com/system/files/protected_files/r01uh0288ej0200_r-mobilea1_ndaless.pdf

p.62-9に出力電流の最大定格が記載されています。
(マニュアルと同じですが....)