このエントリーをはてなブックマークに追加

USBガジェット転送レートの実測値について

いつもお世話になっております。

Armadillo-810のUSBガジェット(CON4)転送レートの実測値について、ご教授下さい。

こちらで確認した結果

・UVCガジェット:70Mbps弱
・イーサネットガジェット(FTPの転送レートで確認):60Mbps弱

程度が限界の様でした。

USB2.0 HS 480Mbpsはサポートされているとの事ですが、USBガジェットを使用した際は、上記程度が限界となりますでしょうか。
それとも、まだパフォーマンス向上の余地はありますでしょうか。
※もっと高パフォーマンスでの動作実績があったりしますでしょうか。

どちらのIFでも良いので、240Mbps程度を目指しており、まだ改善の余地があるかどうかの判断をしたく思っております。
ご教授宜しくお願い致します。

●開発環境
Windows7 Professional 64bit SP1のUSB2.0(HS)ポートに接続して確認
USB通信帯域は余裕あり(他の高速通信デバイスの接続なし)

製品: 

  • Armadillo-810

溝渕です。

溝渕です。

> ・UVCガジェット:70Mbps弱

R-Mobile A1のUSB 2.0 Function Module (USBF)は、Isochronous転送でhigh
bandwidth transfer(uFrame内に複数のパケットを格納する転送)に非対応とな
ります。

そのため、パケットサイズが1024Byteの場合、最大帯域は次のようになります。

  1024(Byte)*8000(マイクロフレーム/s)*8(bit/Byte) = 62.5Mbps

> ・イーサネットガジェット(FTPの転送レートで確認):60Mbps弱

イーサネットガジェットは、Bulk転送なので、high bandwidth transferに対応しています。

ただ、パケットサイズが512Byteなので、USB規格では1uFrame内に最大13パケッ
ト入るのですが、USBアナライザで見てみると2〜3パケットしか入っていませ
ん。そのため、60Mbps程度になっています。

R-Mobile A1のUser's Manualからは上記のような制限事項は確認できないので
すが、原因については不明です。

> USB2.0 HS 480Mbpsはサポートされているとの事ですが、USBガジェットを使用した際は、上記程度が限界となりますでしょうか。
> それとも、まだパフォーマンス向上の余地はありますでしょうか。

ドライバを変更して、パケットサイズやパイプ数増加等を行うとパフォーマン
ス向上に繋る可能性はありますが、試したことはありません。

> ※もっと高パフォーマンスでの動作実績があったりしますでしょうか。

USB Functionではなく、Hostを使ってUSB-Ethernetでのパフォーマンスを測定
したことはあります。

LAN-ADUSBRJ45GBKを利用し、約150bpsでした。

> どちらのIFでも良いので、240Mbps程度を目指しており、

申し訳ございませんが、実績ベースで240Mbpsのパフォーマンスの実現については把握できておりません。

溝渕様、ご回答有難う御座います。

溝渕様、ご回答有難う御座います。

解答、納得致しました。
纏めますと、

●UVCガジェット(アイソクロナス転送)
 high bandwidth 非対応の為、計算上でも 62.5Mbps 程度が限界

●イーサネットガジェット(バルク転送)
 high bandwidth に対応しているが、パケットサイズ512Byte、1uFrameに2~3パケットしか格納されていない為
 60Mbps 程度の転送速度
 ※R-Mobile A1の制限かどうかは不明だが、実動作としては上記となっている。

●USB2.0ポート(CON4)のパフォーマンス
 ホストとして動作させた場合、150Mbps 程度の実績あり

という事で、240 Mbps(デバイス動作)は現実的ではないと判断しました。

お忙しいところ、ご教授有難う御座いました。