このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ作成時のエラー(WLAN)

下記資料を参考にしながら、ルートファイルシステムのビルド及びイメージファイルの作成を行なっています
  armadillo-guide-1_ja-3.1.0.pdf
  Armadillo 実践開発ガイド ~組み込み Linux の導入から製品化まで~ 第1部 Version 3.1.0 2015/12/18 linux-3.14-at 対応
  P116 7.2.4 ルートファイルシステムのビルドとイメージファイルの作成

ところが、上記手順のmake段階で、下記エラーが発生しました

  make[2]: ディレクトリ `/home/atmark/atmark-dist-20170621/vendors/AtmarkTechno/Armadillo-WLAN.Common/awl13' に入ります
  Please place /home/atmark/atmark-dist-20170621/awl13 directory for Armadillo-WLAN (AWL13).
  make[2]: *** [/home/atmark/atmark-dist-20170621/awl13] エラー 1
  make[2]: ディレクトリ `/home/atmark/atmark-dist-20170621/vendors/AtmarkTechno/Armadillo-WLAN.Common/awl13' から出ます
  make[1]: *** [all] エラー 2
  make[1]: ディレクトリ `/home/atmark/atmark-dist-20170621/vendors/AtmarkTechno/my-product' から出ます
  make: *** [subdirs] エラー 2

資料と異なる部分は以下です
  my-productは「Armadillo-IoTG-Std」を選択しています
  Atmark Distは「atmark-dist-20170621」です
  Linuxカーネルは「linux-3.14-at8」です
  ATDEは「atde5-i386-20161130」を利用しています

おそらくmake menuconfigで、WLANの設定を変更すると思うのですが…
ご確認お願いいたします

以上
よろしくお願いいたします

製品: 

  • Armadillo-IoT G1/G2

古関です。

古関です。

「AWL13デバイスドライバ」のソースコード配置とシンボリックリンクの作成を行なってください。

手順は、Armadillo-IoT G2の製品マニュアルを参照してください。
http://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot/armadillo-iotg-std_product_manual_ja-2.8.0/ch11.html

「AWL13デバイスドライバ」は以下からダウンロードしてください。
http://armadillo.atmark-techno.com/files/downloads/armadillo-wlan/source/driver/AWL13/awl13-3.0.2-3.tar.gz

> 「AWL13デバイスドライバ

> 「AWL13デバイスドライバ」のソースコード配置とシンボリックリンクの作成を行なってください。
ご回答ありがとうございました
上記をおこないましたところ解決いたしました