このエントリーをはてなブックマークに追加

Armadillo-IoT G3/G3L,X1: x1-debian-builder: スクリプト動作の概説

Armadillo-IoT G3/G3L、あるいはArmadillo-X1では、x1-debian-builderというツールを使用してルートファイルシステムアーカイブを作成します。

この記事では、その主たる処理を行うbuild.shの動きについて、簡単に概要を説明いたします。

debootstrap

build.shは、そのほとんどがdebootstrapというツールのための処理です。

debootstrapは、Debianのルートファイルシステムアーカイブを作成するツールです。(Debianのインストーラーにも採用されているユーティリティです。)

debootstrapの処理を追うと、build.sh内の処理が分かりやすいです。

first stage

debootstrapの処理は、first stageとsecond stageに分かれています。

これは、Armadilloの場合、ルートファイルシステムアーカイブを作成するアーキテクチャ(ATDE6のx86アーキテクチャ)と、ルートファイルシステムアーカイブを実行する環境(ArmadilloのARMアーキテクチャ)が異なるためです。

first stageでは、second stageを実行するための最低限の環境を構築します。

build.shでfirst stageを実行しているのが以下の箇所(108行目)です。

debootstrap --arch=armhf --variant=minbase --include=$PKGS --foreign jessie $ABSP $MIRROR

"--foreign"が、debootstrapを実行している環境(ホスト環境)と作成されるルートファイルシステムが実行される環境(ターゲット環境)が異なることを指定しています。

そして、変数"$ABSP"の場所にルートファイルシステムアーカイブが構築されます。 ($ABSPの設定は、これより上の行で行っています。)

second stage

second stageでは、first stageで構築した最低限の環境を使用して、残りの処理を行います。

その際、ルートディレクトリ("/")を変更するchrootというコマンドを使用し、構築した環境内で処理を行います。

ただし、first stageで$ABSPへはARMの実行バイナリを配置していますので、QEMUというCPUのエミュレータを使用して、残りの処理を行います。

そのために、エミュレータを配置しているのが、111行目の処理です。

cp /usr/bin/qemu-arm-static $ABSP/usr/bin

なお、そのあとの処理(114行目)で、aiotg3l_resources等のボード固有ディレクトリ内のファイルを$ABSPへコピーしています。

cp -r $RES/* $ABSP

($RESへaiotg3l_resources等のディレクトリのパスが格納されています。)

そして、116行目でsecond stageを実行します。

chroot $ABSP sh -c "/debootstrap/debootstrap --second-stage"

(first stageにて、$ABSP/debootstrap/debootstrapにスクリプトが作成されています。)

packages等のインストール処理

以降のpackagesファイルへ記載したパッケージのインストールなども、chrootを使用して$ABSP環境内で行われます(132~134行目)。

chroot $ABSP sh -c "/resources/fixup"
chroot $ABSP sh -c "apt-get clean"
chroot $ABSP sh -c "LANG=C COLUMNS=150 dpkg -l > /resources/installed_pkgs.list"

なお、packages記載のパッケージのインストール等はボード固有ディレクトリ内の"resources/fixup"スクリプトに記載されています。

製品: 

  • Armadillo-X1
  • Armadillo-IoT G3L
  • Armadillo-IoT G3