Armadillo-X1/IoT(G3/G3L):eMMCのパーティションを切りなおす方法

eMMCのパーティションを切りなおす方法です。

以下では、USBメモリのルートファイルシステムを起動して、fdiskコマンドで、eMMCのパーティションを切りなおし
イメージの書き換えを行ってます。

Armadillo-X1, Armadillo-IoT G3/G3L: USBメモリにルートファイルシステムを構築する

の手順で、USBメモリのルートファイルシステムで起動します。

/imagesディレクトリ(※1)を作成して、ブートローダー、カーネル、ユーザーランド、DeviceTreeのイメージファイルと
添付のサンプルスクリプト

part4.sh(パーティションが4つまでの場合)

part567.sh(パーティションが5以上の場合の例)

を置きます。
※1)サンプルスクリプト内で、パーティション切り直し後に書き込むイメージが、/imagesディレクトリ下に置いてあることを前提としているため。

(part4.sh、part567.sh(※2)は、fdiskコマンドで、eMMCのパーティションを切り直し、各イメージの書き換えを行います。)

part4.shまたは、part567.shを実行します
(途中で、Proceed anyway? (y,n)と表示される場合は、"y"を入力します。)

haltして、USBメモリを外して、再起動後、fdisk -l /dev/mmcblk2で、パーティションが切りなおされていることが確認できます。

※2)part4.sh、part567.shは下記のようにパーティションを切りなおしています。

part4.sh(パーティションが4つまでの場合)

Device         Boot  Start     End Sectors  Size Id Type
/dev/mmcblk2p1        2048   67583   65536   32M  b W95 FAT32
/dev/mmcblk2p2      854016 7471103 6617088  3.2G 83 Linux
/dev/mmcblk2p3       67584  329727  262144  128M  b W95 FAT32
/dev/mmcblk2p4      329728  854015  524288  256M 83 Linux

part567.sh(パーティションが5以上の場合の例)

Device         Boot   Start     End Sectors  Size Id Type
/dev/mmcblk2p1         2048   67583   65536   32M  b W95 FAT32
/dev/mmcblk2p2      2426880 7471103 5044224  2.4G 83 Linux
/dev/mmcblk2p3        67584  329727  262144  128M  b W95 FAT32
/dev/mmcblk2p4       329728 2426879 2097152    1G  5 Extended
/dev/mmcblk2p5       331776  462847  131072   64M 83 Linux
/dev/mmcblk2p6       464896  989183  524288  256M 83 Linux
/dev/mmcblk2p7       991232 2426879 1435648  701M 83 Linux
製品: 
Armadillo-X1
Armadillo-IoT G3L
Armadillo-IoT G3
タグ: 
Armadillo-X1
Armadillo-IoT G3/G3L
TIPS