ブログ

アットマークテクノが配布しているdebianパッケージソースの取得方法

アットマークテクノが配布しているdebianパッケージのソースコードを取得する方法についてご紹介します。

Armadillo-640:音声ファイル(mp3)を再生

Armadillo-640で、音声ファイル(mp3)を再生する方法です。

Armadillo-640:USBオーディオで録音、再生

Armadillo-640で、USBオーディオで録音、再生を試してみました。

Armadillo-640で軽量ブラウザのSurfを動かしてみた

Armadillo-640は標準でLCDのオプションがあるため、GUIのアプリケーションを試すのが非常に簡単です。 そこでLCDへ何かしらの表示をするためにブラウザのSurfを動かしてみました。

Armadillo-640でrechartを使ってグラフ表示させてみた

Armadillo-640上でReactを使ってグラフ表示ができるライブラリrechartを使ってサーバーを立ててみました。

ここではサンプルの実行までの手順になりますが、カスタマイズ等すればWebブラウザからArmadilloのデータ等を見られるアプリケーションを作成することができます。

Armadillo X1/G3/G3L/640: シェルプロンプトを変更する方法

Armadilloにログインすると、ホスト名やユーザ名が表示されたシェルプロンプトが表示されます。 このとき複数台のArmadilloを運用していると、どのArmadilloにログインしているのか分からなくなる場合があります。 そこで本ブログでは、Armadilloのシェルプロンプトのホスト名を変更する方法を記載します。

Armadillo 400/800: シェルプロンプトを変更する方法

Armadilloにログインすると、ホスト名やユーザ名が表示されたシェルプロンプトが表示されます。 このとき複数台のArmadilloを運用していると、どのArmadilloにログインしているのか分からなくなる場合があります。 そこで本ブログでは、Armadilloのシェルプロンプトのホスト名を変更する方法を記載します。

Armadillo-640:デバイスツリーで、GPIOのデフォルトを出力に設定する(その2)

Armadillo-640で、デバイスツリーで、GPIOのデフォルトを出力に設定する方法です。
備考)
Armadillo-640:デバイスツリーで、GPIOのデフォルトを出力に設定する(その1)
の方法では、ユーザー領域からは、Low/High出力を切り替えることができません。
ここでは、簡易的にGPIO 接続用LED ドライバ (leds-gpio)を活用して、
ユーザー領域からLow/High出力を切り替えれるようにします。

Armadillo-640:デバイスツリーで、GPIOのデフォルトを出力に設定する(その1)

Armadillo-640で、デバイスツリーで、GPIOのデフォルトを出力に設定する方法です。
備考)
この方法の場合、ユーザー領域で、GPIO出力のLow/Highの切り替えができません。
ユーザー領域からGPIO出力のLow/Highの切り替えを行う場合は、
Armadillo-640:デバイスツリーで、GPIOのデフォルトを出力に設定する(その2)
を参照ください。

Armadillo G3/G3L/X1/640: Python3.7を動かしてみた

Python3.7をインストールする方法をご紹介します。

ページ

Subscribe to RSS - ブログ